Rakuten infoseek

辞書

人文主義【ジンブンシュギ】

デジタル大辞泉

じんぶん‐しゅぎ【人文主義】
ギリシャ・ローマの古典研究によって普遍的教養を身につけるとともに、教会の権威や神中心の中世的世界観のような非人間的重圧から人間を解放し、人間性の再興をめざした精神運動。また、その立場。ルネサンス期にイタリアの商業都市の繁栄を背景にして興り、やがて全ヨーロッパに波及した。代表者は、イタリアのペトラルカボッカチオ、オランダのエラスムス、フランスのビュデ・ラブレー、ドイツのフッテン、英国のトマス=モアら。人本主義ヒューマニズムユマニスム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じんぶんしゅぎ【人文主義】
英語humanism,フランス語humanisme,ドイツ語Humanismusなどの訳語。西欧語をそのまま写してヒューマニズム,ユマニスム,フマニスムスなどと表記されることも多い。その語義は広狭多様で,人間主義,人本主義,人道主義などの訳語もある。以下の記述においては,一般的意味におけるそれに対しては〈ヒューマニズム〉を,歴史的概念としてのそれに対しては〈人文主義〉をあてて一応の区別をし,かつ主として後者を中心にその歴史を概観することにする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じんぶんしゅぎ【人文主義】
ルネサンス期における、ギリシャ・ローマ・ヘブライの古典的教養を通して人間形成をはかる立場。ここから人間肯定の思想、教会を中心とした世界観から解き放たれた新しい普遍的人間像が生じた。イタリアのペトラルカ、フィチーノ、フランスのビュディ、オランダのエラスムス、ドイツのメランヒトン、イギリスのトマス=モアなどが代表者。ヒューマニズム。ユマニスム。フマニスムス。人本主義。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じんぶん‐しゅぎ【人文主義】
〘名〙 文芸復興(ルネサンス)期にイタリアにおこり全ヨーロッパにひろまった精神運動。古代ギリシア・ローマの古典研究を中心に行なうことによって、中世カトリック教会の精神的束縛から脱し、教会の権威よりも人間性を重んじ、文化的教養の発展に努力した思想。人道主義の古典的形態。人本主義。ヒューマニズム。〔普通術語辞彙(1905)〕
※風土(1935)〈和辻哲郎〉二「アルプスの北では内面的に深められた古代精神、即ち人文主義が擡頭したのである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

人文主義
じんぶんしゅぎ
humanism
人間性を尊重し,宗教や権力の束縛から人間性の解放をめざす思想。「ヒューマニズム」
古代ローマでは,人間性完成のための教養としてギリシアの学芸を身につけるという意味で,さらに人間性の普遍性を強調する立場を含んでいた。それが中世ではキリスト教の博愛主義と結びついたが,この宗教的ヒューマニズムはあくまでもキリスト教に従属するものであった。近代的ヒューマニズムは,ルネサンス期のイタリアを源流とし,古典文化研究を手がかりとして中世キリスト教支配からの人間の解放を意図する市民階級の精神態度であり,人文主義としてルネサンス文化の根本精神となった。それは現実的・世俗的であるばかりでなく,合理主義の尊重,個性の自由な発露をめざすものであった。現代では,あらゆる非人間的な社会的制約に対する人間性一般の解放を意味し,専制独裁・戦争などへの批判精神として発現している。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

人文主義
じんぶんしゅぎ
ヒューマニズム」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

人文主義
じんぶんしゅぎ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人文主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人文主義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.