Rakuten infoseek

辞書

人工雪【じんこうゆき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

人工雪
じんこうゆき
artificial snow
人工的に生成した。自然の雪は、水蒸気が0℃以下の空気中で浮遊しながら成長してできる。自然の雪と同じような条件で成長する人工雪は、1936年(昭和11)に中谷宇吉郎(なかやうきちろう)によって初めてつくられた。中谷は、零下10~零下30℃の低温室にガラスでできた二重円筒を置き、底の水槽を電熱で暖めて円筒内に水蒸気の対流を生じさせ、上部にウサギの毛を吊(つ)るして、それに雪の結晶を成長させた。円筒内の温度と、水蒸気量の目安としての水槽温度をいろいろ変えることにより、自然に見られるほとんどの種類の雪結晶をつくった。その後、水槽温度ではなく水蒸気過飽和度が直接測定され、雪結晶の形と気象条件(温度と過飽和度)の関係を示す「中谷・小林ダイヤグラム」が完成した。このダイヤグラムを利用すれば、降ってきた雪結晶の形から、それが成長した上空の気象条件を推定できる。中谷の有名なことば「雪は天から送られた手紙である」はこの意味である。
 人工雪ということばは、雪不足を解決するための人工降雪の意味でも使われる。天然の雲が過冷却した水滴からなる場合、雲のなかに氷結晶のもとになる微粒子物質を散布すると、それが雪結晶成長の核となる。雪結晶は、過冷却水滴を消費することによって急速に成長し、降雪となる。また、スキー場などで使われる人工降雪機には、同様の方法で成長核になる物質を使うものもあるが、多くは噴霧した微水滴を落下中に凍結させて積もらせる方法であるから、厳密には雪ではない。[前野紀一]
『中谷宇吉郎著『雪は天からの手紙』(岩波少年文庫) ▽中谷宇吉郎著『雪』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じんこう‐ゆき【人工雪】
人為的につくった雪。低温室で自然と同様の条件を整え、水蒸気から雪の結晶を成長させる。また、雲の中に結晶の核となるドライアイスの粒やヨウ化銀を投じる人工降雪を指す。雪不足のスキー場で用いられる人工降雪機による雪は、霧状の水が凍ってできた小さな氷であり、厳密には雪とは異なる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じんこう‐ゆき【人工雪】
〘名〙 人為的につくりだした雪。雲の中にヨウ化銀やドライアイスを投じ雲の粒子を雪の結晶に成長させて降らせたり、氷を破砕してつくったりする。〔雪(1938)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人工雪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人工雪の関連情報

他サービスで検索

「人工雪」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.