Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

人工妊娠中絶【じんこうにんしんちゅうぜつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

人工妊娠中絶
じんこうにんしんちゅうぜつ
artificial termination of pregnancy
胎児が子宮外で生育不可能な時期に,人工的に妊娠を中断して,胎児とその付属物を子宮外に出すこと。現在では,妊娠 22週未満を子宮外生育不能な期間とみなしている。妊娠3ヵ月までは,機械的に子宮口を開き,内容を除去する手術が行われるが,4~5ヵ月では,出産と同じように陣痛を起させ,子宮筋の力で頸管を開き,内容を排出させる方法がとられるので時間がかかり,危険度も高くなる。日本では,母体保護法 (旧優生保護法) によって指定された医師が,暴行で妊娠した場合,妊娠の継続分娩が身体的,経済的理由で母体の健康をそこなうおそれのある場合は,合法的に中絶手術を受けることができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

人工妊娠中絶
日本では、妊娠12週未満ではほとんどが子宮内掻爬(そうは)術という手術が行われ、12週以降22週未満は子宮収縮剤などを使用して陣痛を起こし、分娩と同様の経過で中絶が行われている。米国では食品医薬品局(FDA)が2000年9月、“飲む中絶薬"といわれるミフェプリストン(RU486)を承認欧州連合(EU)諸国でも販売されている。同薬は妊娠維持に必要なプロゲステロンの作用を抑制する薬で、妊娠初期に服用すると手術しなくても中絶できる。ただし、使用できるのは妊娠7週までで、成功率は92〜95%。出血吐き気下痢頭痛などの副作用の他、1〜2%の割合で出血が止まらず、手術が必要となるケースがある。日本での同薬の承認申請は行われていない。
(安達知子 愛育病院産婦人科部長 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

じんこう‐にんしんちゅうぜつ【人工妊娠中絶】
胎児が、母体外において、生命を保持することのできない時期に、人工的に、胎児及びその付属物を母体外に排出すること。妊娠の持続が母体にとって危険である場合などに行うもので、日本では母体保護法に基づき、一定の条件のもとで認められている。妊娠中絶人工流産

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じんこうにんしんちゅぜつ【人工妊娠中絶】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じんこうにんしんちゅうぜつ【人工妊娠中絶】
妊娠中に、人為的に流産や早産をさせること。堕胎。妊娠中絶。中絶。母体保護法により規制を受けている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じんこう‐にんしんちゅうぜつ【人工妊娠中絶】
〘名〙 妊娠状態の維持が母体にとって危険あるいは不適当である場合に、人為的に流産(妊娠二四週未満)または早産(二四~三七週未満)を起こさせて、胎児及びその付属物を母体外に排出させること。日本では、母体保護法によって制約を受けている。妊娠中絶。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

人工妊娠中絶
じんこうにんしんちゅうぜつ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人工妊娠中絶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人工妊娠中絶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.