Rakuten infoseek

辞書

人口論【じんこうろん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

人口論
じんこうろん
An Essay on the Principle of Population
古典派経済学者 T.R.マルサスの最初の著作。 1798年刊。初版は匿名で出版されたがその衝撃は非常に大きく,2版以降はマルサスの名が記されている。初版ではその副題"as it affects the future improvement of society,with remarks on the speculations of Mr.Godwin,M.Condorcet,and other writers"に示されているように W.ゴドウィンらのイギリスの改革運動に対抗する論理の提供が大きな目的であったと思われるが,2版以降では内容・分量とともに副題も"A view of its past and present effects on human happiness"に変更され,その標的も救貧法批判に移る。しかし基本的な主張は一貫して,人口の自然的増加が幾何級数的であるのに対し,生活資料は算術級数的にしか増加しないため,過剰人口による貧困と悪徳が必然的に発生するというもので,貧困や悪徳は社会の責任ではなく,人口の自然的圧力の結果であるとした。こうした状況を改善する対策として2版以降導入されたのが道徳的抑制であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じんこうろん【人口論】
《原題An Essay on the Principle of Population》経済学書。マルサス著。1798年刊。「人口の原理」ともいう。人口は幾何級数的に増加するが食糧は算術級数的にしか増加しないから貧困と悪徳が発生し、この両者が人口増加の抑制要因としてはたらくと説き、第2版では人口対策として道徳的抑制を推奨した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じんこうろん【人口論】
イギリスの古典派経済学者T.R.マルサスの主著。初版のタイトルは正確には《人口の原理に関する一論,それが社会将来の改善におよぼす影響,ならびにゴドウィン,コンドルセ,その他の著作家たちの思索についての所見》(匿名,1798)で,フランス革命に触発されたW.ゴドウィンらの平等社会論を攻撃した論争書であり,その理論的武器が〈人口原理〉であった。人口原理は,生存資料を超えて増加しようとする人口の力であり,それが必ず人間社会に罪悪と窮困をもたらすので,平等社会の実現は不可能であるとマルサスは強調した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じんこうろん【人口論】
書名(別項参照)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じんこうろん【人口論】
マルサスの経済学書。1798年刊。人口の自然増加は幾何級数的であるのに対し、生活に必要な物資は算術級数的にしか増加しないから、過剰人口による貧困の増大は避けられないという人口原理を立て、ゴドウィンらの社会主義思想を批判した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

人口論
じんこうろん
イギリスの古典派経済学者T・R・マルサスの著書。初版は1798年に、『人口の原理に関する一論、それが将来の社会改良に及ぼす影響を、ゴドウィン、コンドルセ、その他の著作家たちの思索に触れて論ず』と題して、匿名で出版された。食糧は算術級数的にしか増加しないのに、人口は幾何級数的に増加する傾向をもつので、自然のままでは過剰人口による食糧不足は避けられないとし、人口を制限するためには貧困や悪徳はやむをえないと論じた本書は、大反響を呼び起こした。5年後には、膨大な歴史的・統計的資料を追加した第2版が、『人口の原理に関する一論、それが人類の幸福に与えた過去および現在の影響と、それがもたらす害悪の将来の除去または軽減に関するわれわれの見通しを論ず』と改題して、著者名入りで出版された。第2版では、人口を制限するものとして、結婚を遅らせるなどの道徳的抑制の意義を認め、これがまた反響をよんだ。その後、1826年の第6版まで版を重ね、しだいに政治経済問題への言及が追加されたが、基本思想に変更はなかった。この人口の原理は、貧民問題を社会変革によって解決しようとする進歩思想に対決するものとして、正統派経済学の基盤になったばかりでなく、ダーウィンの進化論などにも影響を与えた。また、家族計画による人口抑制を貧困解消の鍵(かぎ)とする新マルサス主義として、現代にも生き続けている。日本へは明治初期に大島貞益(さだます)らによって紹介され、大正末期から昭和初期の不況期に、多くの研究が行われた。[千賀重義]
『高野岩三郎・大内兵衛訳『初版 人口の原理』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じんこうろん【人口論】
(原題An Essay on the Principle of Population) 経済学書。マルサス著。一七九八年刊。第六版まであり、初版と第二版以下とは内容に大きな相違がある。人口の自然増加は食物生産増加率と比例しないゆえ、貧困、罪悪が必然的に生じると社会的改善の困難ないし不可能を論述。二版以下は食料不足による人口増加妨害を各国の資料、統計によって具体的に裏づけ、道徳的抑制による予防措置を提示し、初版の悲観的結論を緩和している。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人口論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人口論の関連情報

他サービスで検索

「人口論」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.