Rakuten infoseek

辞書

人前【ヒトマエ】

デジタル大辞泉

ひと‐まえ〔‐まへ〕【人前】
多くの人のいる場所。他の人の見ている前。「人前に出るのが苦手だ」
他の人の前での体裁。「人前を飾る」「人前を取り繕う」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じんぜん【人前】
(神前、仏前などに対して)人々の前。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひとまえ【人前】
多くの人のいる席。 -ではうまくしゃべれない
他人のてまえ。体裁。体面。 -をつくろう -を飾る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にん‐ぜん【人前】
〘名〙 人の目の前。
※サントスの御作業(1591)二「メンメンノ メイヨモ ninjen(ニンゼン)ニ カカゲラルベシ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひと‐まえ ‥まへ【人前】
〘名〙
① 多くの人のいる場所。公衆の面前。
※古今著聞集(1254)一六「これは人まへぞかし」
② 公衆の面前で繕う体裁。みえ。面目。体面。
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)一「名を捨てても命をしいか、きゃつは人前すたった」
③ 人としての容姿。
※落語・昔の詐偽(1897)〈三代目春風亭柳枝〉「年頃二十二三に相成りました人前(ヒトマヘ)の善い男」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人前」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人前の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.