Rakuten infoseek

辞書

京間【きょうま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

京間
きょうま
ともいう。和風建築の間取りの方式の一つ。慶長年間にすでにこの京間が成立していたことが知られているが,実際にはそれよりいくらかさかのぼるものと思われる。間寸法を 6.5尺 (196.9cm) とするため,6尺 (182cm) を1間とする田舎間に比べて,の寸法が大きい。京間畳は長さ 6.3尺 (190.8cm) ,幅 3.15尺 (95.4cm) を基準畳とする。田舎間が関東,甲信越地方に多いのに対して,京間は京都を中心として奈良,大阪,瀬戸内,山陰地方,九州の一部の茶室,民家,書院その他で取扱われてきた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょう‐ま〔キヤウ‐〕【京間】
近畿地方で主に行われた建築における柱間(はしらま)の基準寸法。柱間の6尺5寸(約1.97メートル)を1間(けん)とする。大間(おおま)。
日本住宅で、畳の大きさを6尺3寸(約1.90メートル)と3尺1寸5分(約0.95メートル)を基準とする造り方。→田舎間(いなかま)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうま【京間】
住宅建築において,基準寸法を1間=6.5尺(約1.97m)にするか,または畳の寸法を6.3尺×3.15尺(1.909m×0.954m)にしたもの。京都を中心にして,近畿地方中国地方四国地方,九州の一部など,西日本で使われる基準寸法。京間に対して,東日本で使われる1間=6尺(1.82m)の基準寸法を田舎間(いなかま)といい,名古屋地方で使われる6尺2寸,畳寸法6尺×3尺の基準尺を中京間(ちゆうきようま)とも呼ぶ。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

きょうま【京間】
建築における柱間の基準寸法で、一間を6尺5寸(約1.97メートル)とするもの。畳割りでは、6.3尺(1.90メートル)と3.15尺(0.95メートル)とするもの。近畿地方以西で行われる。大間おおま。 → 田舎間

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

きょうま【京間】
日本建築の基準寸法の一つ。柱と柱の間の長さを6尺5寸(約197cm)、畳の大きさを6尺3寸(約191cm)×3尺1寸5分(約96cm)とし、これを基準に設計・施工する。近畿(きんき)地方に多い。◇「関西間」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

京間
きょうま
建築用語。次の三つの意がある。(1)6尺5寸(約197センチメートル)の1間(けん)。(2)建物の平面を計画するとき、柱間(はしらま)の基準となる1間の長さを6尺5寸とする体系(の(1))。(3)畳敷きの建物で、長辺6尺3寸(約191センチメートル)、短辺3尺1寸5分の寸法の畳を基準にして部屋の広さを決め、これを基に全体を計画する平面計画の体系(の(2))。
 京都における住宅建築の柱間は、室町時代には1間を7尺(約212センチメートル)にとるのが普通であったが、江戸時代に入るころには6尺5寸が一般的になった。住宅の敷地などを測る寸法も、京都では江戸時代の初めには6尺5寸の1間が用いられていた。一方、江戸においては6尺(約182センチメートル)の1間が使われていたので、これと区別して、京都における6尺5寸の1間を京間、江戸における6尺の1間を田舎間(いなかま)とよんだ(の(3))。
 室町時代から、住宅建築では方眼の上で平面を計画したことが確認でき、江戸時代に入ると、平面だけでなく、敷地全体に方眼を引いて建物の配置も計画するようになった。京都では、江戸時代を通して6尺5寸の京間を方眼の間隔とし、柱の心を方眼の交点や線にあわせて部屋や建物を計画する。したがって、たとえば8畳間の両端の柱の心々間隔は13尺となる。この京間による計画の体系は、京都に限らず主として武家や公家(くげ)などの上層の住宅に使われている。
 また、京都における寺院や町屋でも、畳が敷き詰められるようになり、江戸時代に入って長辺6尺3寸、短辺3尺1寸5分の畳を基準にして部屋の広さを計画するのが一般的になる。この場合には建物全体に方眼を引くのではなく、部屋ごとに畳を並べて広さを決め、部屋の外回りの線に柱の面をあわせて、柱の位置を決める方法がとられる。この方法では、方眼が建物全体を覆っていないので全体の計画が複雑になるが、畳や建具の寸法が規格化される利点が生まれる。また、建物を配置するときに、敷地を覆う方眼に建物が完全にのらないので、配置計画が複雑になる。この計画の体系は、寺院や民家だけでなく、草庵(そうあん)風の茶室や数寄屋(すきや)風の書院にも使われ、しだいに武家や公家の住宅にも使われるようになる。また、柱の位置を内法(うちのり)寸法によって決めるというこの複雑な体系が基になって、きめの細かい設計手法が生まれ、江戸時代の大工技術が高度に発達した。[平井 聖]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

京間」の用語解説はコトバンクが提供しています。

京間の関連情報

他サービスで検索

「京間」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.