Rakuten infoseek

辞書

京都町奉行【きょうとまちぶぎょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

京都町奉行
きょうとまちぶぎょう
江戸幕府が京都においた地方官で遠国奉行の一つ。江戸時代初期には京都郡代といわれたが,寛文5 (1665) 年町奉行改め旗本から2名をじた。奉行所は東西に分れて隔月に月番で執務することになっており,任務は京都市内の訴訟の処理,寺社の管理などであったが,のち所司代から京都町政の権限が移った。大坂町奉行とともに京都だけでなく山城大和近江丹波摂津河内和泉播磨の裁判の処理と,これら8ヵ国の幕府直轄領の年貢徴収をも司った。しかし,摂津,河内,和泉,播磨4ヵ国の租税徴収は,享保年間 (1716~36) に大坂町奉行に移管した。老中の支配に属し,京都所司代の指揮下におかれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょうと‐まちぶぎょう〔キヤウトまちブギヤウ〕【京都町奉行】
江戸幕府職名遠国(おんごく)奉行の一。老中に属し、京都の町方支配、五畿近江(おうみ)丹波播磨(はりま)8か国(のち、山城大和・近江・丹波の4か国)の公事訴訟や寺社支配、禁裏御所の警衛などを任務とした。→町奉行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうとまちぶぎょう【京都町奉行】
江戸時代,京都に置かれた江戸幕府の遠国奉行の一つ。17世紀中ごろの畿内支配体制の改革にともない,所司代や上方郡代の職務の一部を吸収,拡大しながら1668年(寛文8)成立した。職務内容はきわめて広範で,1722年(享保7)までは洛中検断権のみならず,上方8ヵ国(山城,大和,摂津,河内,和泉,近江,丹波,播磨)の幕領大名領寺社領などの公事(くじ)訴訟の裁許権を有し,また上方幕領貢租を賦課監閲し,寺社方への触も伝達した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょうとまちぶぎょう【京都町奉行】
江戸幕府の職名。老中支配に属し京都に駐在して、市内訴訟の裁断、山城・大和・近江・丹波の四か国の直轄領の社寺の管理や訴訟の裁断などの任にあたった。京都所司代の職務の一部の移譲を受けて1668年発足。東西両奉行があった。1867年廃止。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

京都町奉行
きょうとまちぶぎょう
江戸幕府の職名。遠国(おんごく)奉行の一つ。江戸初期、伏見(ふしみ)郡代小堀政一(こぼりまさかず)(遠州(えんしゅう))と並び畿内(きない)近国支配に大きな役割を果たした京都郡代五味豊直(とよなお)の系譜につながる。1668年(寛文8)、それまで京都所司代が握っていた京都市中の支配権を移譲されて成立。その権限はきわめて大きく、京都市中の直轄、山城(やましろ)国内の民政全般、畿内近国8か国の地方関係公事訴訟裁許、同8か国の寺社支配、上方(かみがた)代官衆の統轄など。しかし、1722年(享保7)の国分けにより、摂津、河内(かわち)、和泉(いずみ)、播磨(はりま)の公事訴訟が大坂町奉行の所管となり、その権限は半減された。老中支配、1500石高、役料600石、定員は元禄(げんろく)期(1688~1704)を除き2名(東西と俗称)、各与力20騎、同心50人を付属。大事については京都所司代の指示を受けた。[鎌田道隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょうと‐まちぶぎょう キャウトまちブギャウ【京都町奉行】
〘名〙 江戸幕府の遠国奉行の一つ。老中支配。慶長五年(一六〇〇)の京都郡代に始まり、寛文五年(一六六五)に京都町奉行と改称。五畿内とその周辺の御料の年貢徴収、京都市中の行政、司法、寺社の管理に当たる。京都代官。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

京都町奉行
きょうとまちぶぎょう
江戸幕府の職名で,遠国奉行の一つ。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

京都町奉行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

京都町奉行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.