Rakuten infoseek

辞書

京都守護【きょうとしゅご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

京都守護
きょうとしゅご
鎌倉幕府の機関。朝廷との連絡,京都における御家人の統制,監視,警固,裁判機関として設置された。文治1 (1185) 年,北条時政が任命されたのが最初で,以後,一条能保中原親能平賀朝雅中原季時伊賀光季大江親広らが補任された。しかし承久の乱後,これに代って六波羅探題が設置された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょうと‐しゅご〔キヤウト‐〕【京都守護】
鎌倉幕府の職名。京都にあって御家人を統率し、洛中の警備、朝廷との連絡に当たった。文治元年(1185)初めて北条時政が任ぜられ、承久の乱後、六波羅探題に引き継がれた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうとしゅご【京都守護】
鎌倉幕府の職名。洛中守護京都警固六波羅とも称した。以前,源義経,大内惟義など,源頼朝の代官的存在として京都の警衛を担当した者はあったが,その段階ではまだ官職とはいえず,1185年(文治1)11月に入京した北条時政が初例。以後,一条能保(在任1186‐94),中原親能(1186‐88,1195‐1208),平賀朝雅(1203‐05),中原季時(1205‐19),伊賀光季・大江親広(各1219‐21)が就任。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょうとしゅご【京都守護】
鎌倉幕府の初期、京都警衛および近畿一帯の政務をつかさどった職名。1185年、北条時政が初代としてその任にあたった。洛中らくちゆう守護。京都警固。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

京都守護
きょうとしゅご
鎌倉時代前期の幕府の職名。京都にあって御家人(ごけにん)を統率し、洛中(らくちゅう)の警備、裁判などの政務を行い、朝廷との折衝、京・鎌倉間の連絡にあたったが、後の六波羅探題(ろくはらたんだい)に比して権限は弱かった。1185年(文治1)の北条時政(ほうじょうときまさ)が初代とされ、ついで一条能保(いちじょうよしやす)、中原親能(なかはらちかよし)が就任した。初期には源頼朝(よりとも)の縁者、側近があてられたが、時政が執権となった1203年(建仁3)以後は、平賀朝雅(ひらがともまさ)、伊賀光季(いがみつすえ)など北条氏の縁者が多く派遣され、しかも同時に2名が任ぜられるようになった。承久(じょうきゅう)の乱(1221)後、六波羅探題が設置されて消滅した。[小山靖憲]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょうと‐しゅご キャウト‥【京都守護】
〘名〙 鎌倉幕府の職名。京都にあって、御家人を統率し、洛中の警衛、裁判を行ない、朝幕間の連絡にあたった。ただし臨時的性格が強く、はじめ頼朝の縁者が、のちに北条氏の縁者が任ぜられた。承久の乱後、六波羅探題がかわって設置された。洛中守護。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

京都守護」の用語解説はコトバンクが提供しています。

京都守護の関連情報

他サービスで検索

「京都守護」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.