Rakuten infoseek

辞書

交流電力【こうりゅうでんりょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

交流電力
こうりゅうでんりょく
AC power
交流によってなされる単位時間あたりの仕事。単位はワット。ある瞬間の電圧電流瞬時電力というが,交流ではこの値は刻々変化して,の値になることもある。一般に交流回路では電源と負荷との間に絶えずエネルギーの出入りがある。そこで瞬間電力を1周期にわたって平均したものを交流電力と呼び,これに時間を掛けたものがその時間内に電源が回路に供給したエネルギーになる。電圧,電流の実効値をそれぞれ VI ,その間の位相差を θ とすれば,交流電力は VI cos θ で与えられる。回路で有効に使われるという意味で,これを有効電力という。 VI sin θ は消費されない電力で無効電力といい,単位はバール (var) である。 VI は見かけの電力で皮相電力といい,単位はボルトアンペアである。 (有効電力) 2+( 無効電力 )2=( 皮相電力 )2 の関係がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうりゅう‐でんりょく カウリウ‥【交流電力】
〘名〙 交流電流が単位時間にすることのできる仕事量。大きさは実効電流と実効電圧の積で表わされ、単位は W(ワット)、kW(キロワット)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

交流電力」の用語解説はコトバンクが提供しています。

交流電力の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.