Rakuten infoseek

辞書

交子【こうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

交子
こうし
jiao-zi; chiao-tzü
中国,宋朝発行した世界最古の紙幣。天聖1 (1023) 年四川の益州 (成都) に交子務を設け,現金持参者に手数料を取って交子 (手形) を発行したが,西夏の侵入が激しくなると,軍事費調達のため,紙幣として本銭 (兌換準備金) 36万貫を用意し,交子発行高 125万貫と定めて,これを補助貨幣として発行することになった。初め1~10貫の 10種があり,のち1・5・10貫の3種,さらに1貫と 500文の2種とした。表面に額面,発行年次,発行高が,裏面に故事にちなんだ絵が印刷されていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐し〔カウ‐〕【交子】
中国で、真宗ころ、主として四川地方で用いられた紙幣。初め私的取引に使われたが、のち仁宗のころに官営となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうし【交子 Jiāo zǐ】
中国,宋代に民間で用いられた手形,またこれにならって宋朝が四川の通貨として発行した紙幣。南宋時代には淮南(わいなん)路でも同名の紙幣が発行された。交子は銭財を交付したことを示す証票という意味の呼称である。中国で手形の利用が盛んになるのは唐代からで,唐の長安には寄附鋪櫃坊きぼう)などと呼ばれ,他人の銅銭や金銀絹帛などの貨幣的物貨を預って預り手形を発行する業者がいて,その手形が市中の取引に用いられ,また長安と地方大都市とのあいだの送金為替手形の取組み(便換,便銭,飛銭)も盛んであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうし【交子】
中国、宋朝が発行した、世界最古の紙幣。もと売買取引に使われていた手形を、政府が引き継ぎ紙幣として発行したもの。 → 交鈔こうしよう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

交子
こうし
中国最初の紙幣。北宋(ほくそう)の時代、四川(しせん)、陝西(せんせい)で鉄銭が通貨とされ、陝西を商圏に含む四川、成都の豪商16戸が、約束手形の交子を発行して鉄銭の不便を解消した。まもなく交子舗(ほ)の組合の独占が公認され、1023年に官営に移され、交子務(こうしむ)が置かれて紙幣となった。兌換(だかん)準備36万貫、兌換期間(界(かい))3年、125万余貫が発行された。1107年に銭引(せんいん)と改称し、黄河や淮河(わいが)流域に広がり、北宋末には約7000万貫が流通した。[斯波義信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐し カウ‥【交子】
〘名〙 (つき合わせて間違いのないことを確かめるものの意から転じて) 中国、宋代の紙幣の一種。銭の預り手形を取引に用いたものにはじまる。蜀(四川省)に起こり、のち、仁宗のときに官営となった。中国における紙幣の起源。→交鈔(こうしょう)
※制度通(1724)一〇「蜀の国、民間に手形にて交易することあり。是を交子と云」 〔宋史‐薛田伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

交子
こうし
宋代に四川・陝西 (せんせい) などで使用された世界最古の紙幣
初め四川で銅銭の流出防止のために,民間の金融業者が手形を発行したのが始まり。1023年に官営となり,政府が発行を行った。最初は発行規準を設け,兌換準備も整えたので,きわめてよく流通した。徽宗 (きそう) 時代には乱発され,兌換を停止したため価値が下落し,経済界を混乱させた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

交子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

交子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.