Rakuten infoseek

辞書

亜熱帯高気圧【アネッタイコウキアツ】

デジタル大辞泉

あねったい‐こうきあつ〔‐カウキアツ〕【亜熱帯高気圧】
南北両半球の緯度30度付近に、ほぼ一年中存在する温暖高気圧。特に、夏の海洋上で発達する。日本付近では、北太平洋高気圧がこれに当たる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あねったいこうきつ【亜熱帯高気圧】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あねったいこうきあつ【亜熱帯高気圧】
亜熱帯に発達する高気圧。主として海洋上に出現し、夏季に最も発達する。北太平洋高気圧・北大西洋高気圧などがその例。中緯度高気圧。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

亜熱帯高気圧
あねったいこうきあつ
南北両半球の20度から40度ぐらいの緯度帯にほぼ定常的に存在する高気圧。成因としては、赤道地帯で上昇流、亜熱帯で下降流となる大気大循環規模の垂直循環(大規模な対流)によって、赤道上空から亜熱帯に向かう空気が亜熱帯上空で蓄積、下層の気圧を高めるためと考えられる。主として海洋上に東西に並んで現れるが、その一連の高気圧または気圧の尾根のベルトを亜熱帯高圧帯とよぶ。構造的には背の高い温暖高気圧である。夏季に優勢で、出現緯度も夏季のほうが高い。個々の亜熱帯高気圧は、それが存在する海域により北太平洋高気圧、北大西洋高気圧、また圏内の代表的な島の名前から、小笠原(おがさわら)高気圧、ハワイ高気圧、アゾレス高気圧、バーミューダ高気圧などと名づけられる。日本の盛夏の晴天と暑さは亜熱帯高気圧(小笠原高気圧)によってもたらされる。[倉嶋 厚]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あねったい‐こうきあつ ‥カウキアツ【亜熱帯高気圧】
〘名〙 南北両半球とも、その亜熱帯地方に地球をとりまくようにして存在する高気圧。この南側は東よりの貿易風帯であるのに対し、その北側は偏西風帯になっている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亜熱帯高気圧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

亜熱帯高気圧の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.