辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

亜欧堂田善【あおうどう でんぜん】

美術人名辞典

亜欧堂田善
江戸後期の銅版画家。陸奥生。姓は永田、名は善吉、別名に如旦。月僊に師事し、谷文晁手引松平定信に見出される。独特の技法による精巧な銅版画を描いた。大槻磐水・高橋景保らの蘭学者とも親交があった。文政5年(1822)歿、75才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

あおうどう‐でんぜん〔アオウダウ‐〕【亜欧堂田善】
[1748~1822]江戸後期の洋風画家。岩代(いわしろ)の人。本名、永田善吉。画僧月僊(げっせん)谷文晁(たにぶんちょう)に師事、松平定信御用絵師となる。江戸で洋風画法や銅版画を学び、江戸名所風景の連作に腕をふるった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

亜欧堂田善 あおうどう-でんぜん
1748-1822 江戸時代中期-後期の画家。
寛延元年生まれ。月僊(げっせん),谷文晁(ぶんちょう)にまなぶ。寛政8年陸奥(むつ)白河藩(福島県)御用絵師となる。銅版画を研究し,おおくの風景図や医学書の挿絵をのこした。文政5年5月7日死去。75歳。陸奥須賀川(福島県)出身。本名は永田善吉。別号に星山堂など。作品に「江戸城外風景図」「両国図」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あおうどうでんぜん【亜欧堂田善】
1748‐1822(寛延1‐文政5)
江戸後期の洋風画家。本名永田善吉を略し田善と号した。亜欧堂はアジアとヨーロッパにちなむ堂号である。陸奥国(現,福島県)須賀川の生れ。染物業のかたわら僧月僊に絵を学び,白河城主松平定信に見いだされ谷文晁に師事した。のち定信から銅版画(エッチング)の研究を命ぜられ,はじめ司馬江漢についたが,やがて定信周辺の蘭学者の協力を得て,江漢とは別途に銅版画や油絵の技法を習得した。彼は輸入西洋銅版画を写して画技をみがき,その模刻を行い,宇田川玄真著《医範提綱》(1808)の銅版挿絵,銅版《新訂万国全図》(1810)のような実用面の仕事もした。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

あおうどうでんぜん【亜欧堂田善】
1748~1822) 江戸後期の洋風画家。岩代の人。本名、永田善吉。西洋遠近法を用いて銅版風景画や洋風画を制作。「両国図」は洋風画の代表作。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

亜欧堂田善
あおうどうでんぜん
[生]寛延1(1748).岩代
[没]文政5(1822).5.7. 岩代
江戸時代後期の洋風画家,銅版画家。本名永田善吉,略して田善。岩代須賀川の商家の出。初め月僊 (げっせん) ,谷文晁に師事。寛政6 (1794) 年松平定信の知遇を得てから,洋風画,銅版画を熱心に研究,すぐれた銅版画技法によって医学,天文,地理関係の図や国内外の風景を描く。文化7 (1810) 年高橋景保編『新訂万国全図』の銅版作図を完成した際,定信から亜欧堂の号を受けた。主要作品『浅間山真景図屏風』 (東京国立博物館) ,『不忍池の図』 (1784,同) ,『両国橋図』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

亜欧堂田善
あおうどうでんぜん
(1748―1822)
江戸後期の洋風画家。本名永田善吉を略し田善と号した。亜欧堂はアジアとヨーロッパにちなむ堂号で、ほかに星山堂とも称した。陸奥(むつ)国(福島県)須賀川(すかがわ)に生まれる。染物業のかたわら僧月僊(げっせん)に絵を学ぶが、領主の白河城主松平定信(さだのぶ)に画才をみいだされ、自分より若い谷文晁(ぶんちょう)の弟子となった。ついで、定信から銅版術の研究を命ぜられ、初め司馬江漢の弟子になったようであるが破門、のち定信周辺の蘭学者(らんがくしゃ)の協力を得て銅版画(エッチング)や油絵の技術を習得。彼は西洋銅版画を写して画技を磨き、『ゼルマニア廓中之図』(1809)のような西洋銅版画の模刻作品もつくったが、文化(ぶんか)年間(1804~1818)を中心として大小多数の江戸名所風景図を世に出し、銅版画家として重きをなした。彼の銅版画は江漢よりも技術が進んでおり、人物を中心とした風俗画的傾向が強い。田善の肉筆洋風画でも『両国図』(奈良家蔵)、『今戸瓦(かわら)焼図』(神戸市立博物館)は風俗画の傾向が強いが、『浅間山図』(東京国立博物館)は風景画で、洋風画の写実と屏風(びょうぶ)形式の装飾性を合体させた野心作である。宇田川玄真著『医範提綱(いはんていこう)』(1808)の挿絵や『新訂万国全図』(1810)など実用銅版画もつくった。[成瀬不二雄]
『菅野陽著『日本銅版画の研究 近世』(1974・美術出版社) ▽成瀬不二雄著『江戸の洋風画』(1977・小学館) ▽磯崎康彦著『亜欧堂田善の研究』(1980・雄松堂書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亜欧堂田善」の用語解説はコトバンクが提供しています。

亜欧堂田善の関連情報

他サービスで検索

「亜欧堂田善」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.