Rakuten infoseek

辞書

亜寒帯前線【あかんたいぜんせん】

海の事典

亜寒帯前線
亜寒帯水の南縁、亜寒帯海流と北太平洋海流の間に形成される前線(あるいは前線帯)で、北太平洋では北緯42度近くを東西に延びている。その位置は塩分の 南北断面で34.0psuの等塩分線が上層数百mをほぼ鉛直に走っている所を指標として決め得る。この緯度は偏西風の風速が最大となる位置であり、表層水 の収束域となるので、亜寒帯収束線とも呼ばれる。北大西洋では湾流とラブラドル海流の間に形成される前線を指す。 (永田

出典:(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亜寒帯前線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

亜寒帯前線の関連情報

関連キーワード

亜南極水東シナ海

他サービスで検索

「亜寒帯前線」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.