Rakuten infoseek

辞書

井上蘭台【いのうえ らんだい】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

井上蘭台 いのうえ-らんだい
1705-1761 江戸時代中期の儒者。
宝永2年1月1日生まれ。井上四明養父林鳳岡(ほうこう)にまなび,林家の員長となる。元文5年備前岡山藩につかえる。折衷学の基礎をきずいた。宝暦11年11月27日死去。57歳。江戸出身。名は通煕。字(あざな)は叔,子叔。通称は嘉膳。別号に図南。著作に「馴象俗談」など,遺稿に「蘭台先生遺稿」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

いのうえらんだい【井上蘭台】
1705~1761 江戸中期の儒学者。名は通熙、字あざなは子叔。林鳳岡門人。岡山藩儒。折衷学の基礎を築く。門人に井上金峨がいる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

井上蘭台 (いのうえらんだい)
生年月日:1705年1月1日
江戸時代中期の漢学者;備前岡山藩士
1761年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いのうえ‐らんだい【井上蘭台】
江戸中期の儒学者。名は道熙(みちひろ)。字は叔、子叔。通称嘉膳。戯号玩世教主。甲府徳川家侍医井上通翁の三男。昌平黌にはいり、林鳳岡(ほうこう)門下として林家員長をつとめ、のち岡山藩儒となった。折衷学を唱えて、古注疏の校刊に出精し、門人教導に多大の成果を挙げた。著に「蘭台先生遺稿」「小説白藤伝」など。宝永二~宝暦一一年(一七〇五‐六一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井上蘭台」の用語解説はコトバンクが提供しています。

井上蘭台の関連情報

関連キーワード

レオポルト1世シャルルボアスパンベルグラモーの甥北尾派バーラージー・バージー・ラーオ上田秋成ショアズールポンディシェリ平野郷

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.