Rakuten infoseek

辞書

五里霧中【ゴリムチュウ】

デジタル大辞泉

ごりむ‐ちゅう【五里霧中】
《後漢の張楷が道術によって5にわたるを起こしたという「後漢書」張楷伝の故事から》方向を失うこと。物事の判断がつかなくて、どうしていいか迷うこと。
[補説]「五里夢中」と書くのは誤り。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ごりむちゅう【五里霧中】
〔「後漢書張楷伝」から。五里にもわたる深い霧の中に居る、の意〕
方角が分からなくなってしまうこと。物事の様子がまったく分からず、方針や見込みが立たないこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

五里霧中
ごりむちゅう
5里の間にわたって立ちこめる霧に巻かれたようだとの意で、前後を見極めがたく進退に窮すること、どうしてよいかわからないさまをいう。中国、後漢(ごかん)の張楷(ちょうかい)は生まれつき道術を好み、その術によってよく「五里霧」をおこすことができたと伝える、『後漢書(ごかんじょ)』「張楷伝」の故事による。[田所義行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごりむ‐ちゅう【五里霧中】
〘名〙 (形動) (「後漢書‐張楷伝」による語) 深い霧の中で方角がわからなくなってしまうこと。転じて、物事の事情がまったくわからず、すっかり迷ってどうしてよいかわからなくなってしまうこと、手さぐりで進むことのたとえ。
※俳諧・三上吟(1700)懐旧七唫後序「流注顛倒、全堕五里霧中矣」
※明暗(1916)〈夏目漱石〉一三四「彼は今日迄其意味が解らずに、まだ五里霧中(ゴリムチュウ)に彷徨してゐた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五里霧中」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五里霧中の関連情報

他サービスで検索

「五里霧中」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.