Rakuten infoseek

辞書

五行説【ゴギョウセツ】

デジタル大辞泉

ごぎょう‐せつ〔ゴギヤウ‐〕【五行説】
中国古代の学説で、自然も人間・社会も、五つ元素の一定の循環法則に従って変化するという説。木・火・土・金・水の各元素が々に次の元素を生み出してゆくとする五行相生(そうせい)説と、木・土・水・火・金の各元素がそれぞれ次の元素にうち克ってゆくとする五行相克(そうこく)説とがある。→五行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

五行説
自然界に存在する全てのものを、「木」「火」「土」「金」「水」の五要素に分類する思想。天地万物全てが、この五要素にあてはまり、お互いに影響しあっているとする。つまり、陰陽説に循環と対立論理が加味されており、の五方の観念に由来する説と、五材に由来する説とがある。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごぎょうせつ【五行説】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごぎょうせつ【五行説】
中国古来の世界観。木・火・土・金・水の五つの要素によって自然現象・社会現象を解釈する説。五行相勝(相剋)は火・水・土・木・金の順に、後者が前者に打ち勝つことで循環するとし、戦国時代の鄒衍すうえんなどが説いた。五行相生そうしようは木・火・土・金・水の順に、前者が後者を生み出すことで循環するとし、前漢の劉向などが説いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

五行説
ごぎょうせつ
中国古代人の世界観の一つ。五行はまた五材といい、『春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)』(左伝)に「天五材を生じ、民並びにこれを用う」とあるように、生活に必要な水、火、金、木、土の五つの素材(民用五材)である。この五行の次序は、『書経』の「洪範(こうはん)」にあり、「生成の五行」という。この五行の次序を、自然の相生ずる関係に配して、木、火、土、金、水とし、四季の循環に取り入れたものを五行相生(そうせい)説という。『呂氏春秋(りょししゅんじゅう)』の十二紀篇(へん)にみられる配当などはそれで、五行循環の自然観が神秘的な五行説に転化したものである。これに対して、戦国時代、斉(せい)の鄒衍(すうえん)が、水、火、金、木、土と次序して、王朝交替の革命説とした。これを五行相剋(そうこく)説という。五行の相勝つ循環にのっとった武力革命説である。漢代では、緯書(いしょ)説が五行相生説によって革命説を確立し、以後の王朝は、多くこれによってその王朝の徳を主張した。五徳終始(しゅうし)説とされるものである。なお、漢代では五行説は陰陽(いんよう)説と結合して陰陽五行説となり、以後の中国人のものの見方、考え方の基調となった。[安居香山]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごぎょう‐せつ ゴギャウ‥【五行説】
〘名〙 中国で、万象の生成変化を説明するための理論。宇宙間には木火土金水によって象徴される五気がはびこっており、万物は五気のうちのいずれかのはたらきによって生じ、また、万象の変化は五気の勢力の交替循環によって起こるとする。循環の順序を、木は土に、土は水に、水は火に、火は金に、金は木に勝つとして木金火水土の順とする相剋(勝)説と、木は火を、火は土を、土は金を、金は水を、水は木を生ずるとして木火土金水の順とする相生説とがある。中国、戦国時代中期の騶衍(すうえん)が、歴代王朝の交替を相勝の理で解いたことに始まり、季節、方角、色、臭から人の道徳に至るまで、あらゆる事象を五行のどれかに配するようになった。特に、木火金水には、方角では東南西北、色では青朱白玄、季節では春夏秋冬が、さらに四獣(四神)の青龍・朱雀・白虎・玄武が配された。漢代になると陰陽説と結合し、暦法、医学などにも取り入れられて、長く中国人の公私の生活を拘束することとなった。五行の説。→陰陽五行説

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五行説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五行説の関連情報

他サービスで検索

「五行説」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.