Rakuten infoseek

辞書

五色【ごしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

五色
ごしき
兵庫県南部,洲本市北西部の旧町域。淡路島の中西部にあり,播磨灘に臨む。 1956年都志町と鮎原村,広石村,鳥飼村,堺村の4村が合体して五色町が成立。 2006年洲本市と合体。色とりどりの小石からなる五色浜で知られ,地名もこれにちなむ。米作畜産などの農業と,ノリやワカメの生産を含む漁業が主産業。鳥飼川流域の広石ではタマネギ栽培が行なわれる。都志川河口の中心集落である都志は江戸時代後期の択捉航路開拓者,高田屋嘉兵衛の出生地。臨海地域では別荘地開発が進んだ。五色浜は瀬戸内海国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五色
ごしき
pañca varṇāḥ
仏教用語。 nīla,ta lohita, avadāta,黒 kṛṣṇaの基本色をいう。これらは単色で,華美な色とされ,インドの仏教教団では法衣に用いてはならないとされた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ご‐しき【五色】
5種の色。特に、青・黄・赤・白・黒をいう。また、種々の色。五彩。ごしょく。
多種多様。いろいろ。
「五体には―の汗が流るる」〈・日本武尊〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご‐しょく【五色】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

五色
品種のグループ。もとは浅黄と大正三色の交配種。五色とは白、赤、黒、浅黄の青と濃紺を意味するが、近年では、白地に浅黄地をもち、緋盤(赤い模様)のある鯉であればこの五色が揃わなくても「五色」と呼ぶことが多い。さまざまなバリエーションがあり、人気の高い品種。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごしき【五色】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごしき【五色】
ごしょくとも
五種類の色。多くは赤・青・黄・白・黒をさす。五彩。
いろいろな種類。多種。
ウリの異名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごしょく【五色】
ごしき五色

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いつ‐いろ【五色】
〘名〙
① 赤、青、黄、白、黒の五色。いつつのいろ。ごしき。
② 五種類

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご‐しき【五色】
〘名〙 (「しき」は「色」の呉音)
① 中国古代の五行説では青、黄、赤、白、黒の五種の色。仏教ではこれを五正色とも称し、信、精進、念、定、慧の五根や、五智、五仏などに配する。また、一般に、五種類の色、多種の色をもいう。五彩。いついろ。ごしょく。
※竹取(9C末‐10C初)「たつのくびに、五色の光ある玉あなり」 〔礼記‐礼運〕
② 多くの種類。多種。多様。
※浄瑠璃・天神記(1714)三「無念なやら憎いやら、五色の涙がこぼるるぞや」
③ 植物「うり(瓜)」の異名。〔明衡往来(11C中か)〕〔唐類函〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご‐しょく【五色】
〘名〙 =ごしき(五色)
※書言字考節用集(1717)一〇「五色(ゴショク) 青 黄 赤 白 黒」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五色の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.