Rakuten infoseek

辞書

五臓六腑【ごぞうろっぷ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

五臓六腑
ごぞうろっぷ
とは,心,の5つ,六腑とは大腸小腸三焦膀胱の6つをいう。東洋医学内臓総称として用いられてきたが,今日の解剖学的知識とは必ずしも一致せず,また三が何をさしているのかも明確ではない。もともと陰陽五行説による自然哲学的な解釈によって,各内臓の関連や機能を説明したもの。文献としては,中国で最も古い医書『黄帝内経』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごぞう‐ろっぷ〔ゴザウロクプ〕【五臓六×腑】
五臓と六腑。五臓は心臓肝臓肺臓脾(ひ)臓腎(じん)臓。六腑は大腸小腸膀胱(ぼうこう)三焦
体内。腹の中。心中。「五臓六腑が煮え返る」「五臓六腑にしみわたる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごぞうろっぷ【五臓六腑 wǔ zàng liù fǔ】
先秦時代から存在している中国医学の重要な概念の一つで,古い文献では五蔵六府とされている。五臓とは心,肝,脾,肺,腎の5種の,六腑とは胆,胃,大腸,小腸,三焦,膀胱の6種の臓器の総称である。臓は精神,血気を貯蔵する充実した器官で,腑は水や穀物を消化し,体液を動かす中空の器官であるとしている。三焦が実在しないことと,脾があいまいなことを除くと,だいたい現在知られている同名の臓器に相当するが,その機能については現在の知識とはかなり違ったものが想定されていたから注意を要する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごぞうろっぷ【五臓六腑】
五臓と、大腸・小腸・胆・胃・三焦・膀胱ぼうこうの六腑とをいう。はらわた。内臓。転じて、腹の中。心の中。 -にしみわたる -の煮えかえるような思いをした

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

五臓六腑
ごぞうろっぷ
漢方医学における人体の内臓器官の名称で、五臓は肝、心、脾(ひ)、肺、腎(じん)の五つ、六腑は胆(たん)、小腸、胃、大腸、膀胱(ぼうこう)、三焦(さんしょう)の六つをいう。なお、五臓に心包(しんぽう)を加え、六臓六腑とすることもある。臓は内部が充実している器官、腑は逆に空虚な器官の意である。昔は五蔵六府と書き、ともに倉庫の意であったという。古代中国の医書である『黄帝内経(こうていだいけい)』の「素問(そもん)」には、「五蔵は精気を蔵して瀉(しゃ)せず、満ちて実すること能(あた)わず、六府は化物(かぶつ)を伝えて蔵せず、実にして満つる能わざるなり。然(しか)る所以(ゆえん)のものは水穀が口に入れば胃が実して腸が虚し、食が下れば腸が実して胃が虚す。故に実して満たず、満ちて実せずという」とある。これは、「五臓は精気を内蔵しているが、それ以上に詰め込むことができない。六腑は飲食物を伝導するから充実するが、まもなく他に伝導して中空となり、臓器自体が充満しているということがない。これは、飲食物が口に入ると、まず胃がいっぱいになり、このときはまだ腸はからである。食物が下がると、腸が詰まって胃はからになる。だから腑は飲食物が詰まっても、隅々までいっぱいにならない」という意味である。
 五臓六腑を現代医学の臓器と比較して考えてみると、心、肝、肺、小腸、大腸、胆、胃、膀胱は現代医学と同じものをさしているが、腎と脾はかならずしも現代のそれと同一のものではない。腎は現代の腎臓、副腎、生殖器を総括した働きを表すことが多い。生殖器に対しても輸精管や精嚢(せいのう)、前立腺(ぜんりつせん)などに該当する文字の記載がない。これらのものは一括して腎のなかに包含されているためである。脾は消化液を分泌する器官、すなわち膵臓(すいぞう)、肝臓などの機能に対して命名したものと考えられ、また、胃と不即不離の関係にあるものとするのが至当である。三焦は広範な内容をもったもので、『傷寒論(しょうかんろん)』では上焦、中焦、下焦の三つを三焦とし、上焦はみぞおちより上方で、頭、手を含めている。中焦は上焦と下焦の中間であり、主として上腹部、下焦はへその下で足を含める部位となっている。三焦については、近代医学の内分泌系臓器の総称とするほか、リンパ管系統説、ホルモン説、酵素説、体腔(たいくう)膜説などがあるが、いずれにしても、これらを総括したものが三焦であるということができる。なお、『黄帝内経』のなかに三焦という臓器が記載されているが、これを現代の解剖学上の内臓器官と関連させるならば、膵臓にあてるのがもっとも妥当であろうと思われる。[矢数圭堂]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごぞう‐ろっぷ ゴザウロクフ【五臓六腑】
〘名〙
① 漢方で、五つの臓器と六つのはらわたをいう。すなわち、肺・心・脾・肝・腎の五臓と大腸・小腸・胃・胆・膀胱(ぼうこう)・三焦の六腑。臓腑。
※正法眼蔵(1231‐53)洗面「身内に五臓六腑あり」 〔漢書‐芸文志〕
② 体内。腹の中。心中。
※太平記(14C後)三三「天の譴(せめ)八万四千の毛孔に入て五臓六腑(ごサウろくフ)に余る間、冷しき風に向へ共、盛なる炎の如く、ひややかなる水を飲共、沸返る湯の如し」
※人情本・恩愛二葉草(1834)二「思へば思へば腹が立つ、五臓六腑が煮え返る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五臓六腑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五臓六腑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.