Rakuten infoseek

辞書

五節供【ごせっく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

五節供
ごせっく
季節ごとの食物を神に供えて,節日を祝う儀式五節会 (ごせちえ) が朝廷の儀式であるのに対し,公家以下庶民の行事であった。1月7日の人日 (じんじつ) ,3月3日の上巳 (じょうし) ,5月5日の端午 (たんご) ,7月7日の七夕 (しちせき) ,9月9日の重陽 (ちょうよう) の5回である。鎌倉時代頃からは朝廷でも行われるようになり,江戸時代には幕府により式日として定められ,「節句」の字を用いた。 1873年1月,制度としては廃止されたが,上や端午,七夕の行事は,現在でも盛んである (→五月節供 , 七夕〈たなばた〉 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごせっく【五節供】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

五節供
ごせっく
1月7日の七草、3月3日の雛(ひな)祭、5月5日の端午(たんご)、7月7日の七夕(たなばた)、9月9日の重陽(ちょうよう)の五つの節供をいう。これらの節日(せちにち)はいずれも中国伝来の要素がみられる。1月7日は中国で人日(じんじつ)という。これは東方朔(とうぼうさく)の占書に、正月1日に鶏(とり)を占い、2日には狗(いぬ)を占い、3日には羊を占い、4日には猪(いのしし)を占い、5日には牛(うし)を占い、6日には馬を占い、7日には人を占うとあることによったという。3月3日は上巳(じょうし)といい、本来は3月初めの巳(み)の日で、5月5日の端午も5月初めの午(うま)の日であったが、のちにそれぞれ3日、5日と固定されるようになった。七夕は7月7日であり、9月9日の重陽は9が陽数でありそれが重なるからであった。日本におけるこの五つの節供は、文献によるとかならずしも固定したものではなかったようである。宮廷を中心とした年中行事では、五節供の日が宴を催す日であっても、節日として祝われたかは上代においてはかならずしも明白ではない。[大藤時彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五節供」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五節供の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.