Rakuten infoseek

辞書

五穀【ごこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

五穀
ごこく
中国,日本,朝鮮などで常食する主要な穀物5種を総称する言葉。また穀物の総称。六穀,九穀という言い方もある。日本では普通,米,,きび,を五穀とするが,きびの代りにひえをあげるもあり,一定しない。中国,朝鮮などでも穀物の定め方に諸説あって一定しないことは同じであり,また六穀,九穀という場合も事情は五穀の場合と同じである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ご‐こく【五穀】
5種類の穀物。ふつう、粟(あわ)黍(きび)をいう。
穀物の総称。「五穀が豊熟する」
[補説]1は、などを数えることもあって一定しない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

五穀
▽米、粟、麦、豆、黍(きび)または稗(ひえ)

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

デジタル大辞泉プラス

五穀
株式会社ピアーサーティーが展開する和食店のチェーン。別業態として「一汁五穀」もある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごこく【五穀】
主要な5種の穀物の名。転じて穀物類の総称にも用う。中国においては,その内容は古来から次のごとく必ずしも一定せず,麻・黍・稷・麦・豆(《周礼(しゆらい)》天官疾医の注),黍・稷・麻・麦・(《大戴礼》曾子天円の注),・稷・麦・豆・麻(《楚辞》大招の王逸注),稲・黍・稷・麦・菽(《孟子》滕文公上の注),粳米小豆・麦・大豆・黄黍(《素問》蔵気法時論の注),稲穀大麦小麦・菉豆・白芥子(《成就妙法蓮華経瑜伽智儀軌》),大麦・小麦・稲穀・小豆・胡麻(《建立曼荼羅護摩儀軌》),と時代と場所により多少の差のあることがわかる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごこく【五穀】
人間の主食となる代表的な五種の穀類。日本では米・麦・粟あわ・黍きび(または稗ひえ)・豆をいう。いつつのたなつもの。
穀物類の総称。 -豊穣ほうじようを祈る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

五穀
ごこく
主食とする穀物のうち、とくに重要な5種をあげて五穀という。日本では、一般に米、ムギ、アワ、キビ、豆をさすが、時代や地域により、その種類や順位は相違する。古くインドではオオムギ、コムギ、米、アズキ、ゴマをさし、中国では麻(おそらくゴマであろう)、ムギ、ヒエ、キビ、豆の5種や、麻、ヒエ、ムギ、米、豆の5種、あるいはキビ、ヒエ、豆、ムギ、米の5種をさした。このほかに六穀(イネ、オオアワ、豆、ムギ、モチキビ、モロコシ)や九穀(ウルチキビ、モチキビ、モチアワ、イネ、麻、ダイズ、アズキ、オオムギ、コムギのほか、諸説あり)という場合もある。[星川清親]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ご‐こく【五穀】
〘名〙 (古く「ごごく」とも)
① 米、麦、キビ、アワ、豆の五種類の穀物。他に麻、麦、キビ、アワ、豆、また、米、麻、麦、アワ、豆とするなどの諸説がある。
※続日本紀‐天平四年(732)七月丙午「百川減水、五穀梢彫」 〔法華儀軌〕
② 穀類の総称。
※竹取(9C末‐10C初)「玉の木を作りつかふまつりしこと、五こくをたちて、千余日に力を尽したること少なからず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

五穀
ごこく
江戸時代の主要な穀物の総称
米・麦・粟 (あわ) ・黍 (きび) ・豆をさした。黍のかわりに稗 (ひえ) を入れることもある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五穀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五穀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.