Rakuten infoseek

辞書

五百【イオ】

デジタル大辞泉

い‐お〔‐ほ〕【百】
数のごひゃく。「五百年(とせ)」
数の多いこと。「五百枝(え)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご‐ひゃく【五百】
数の。100の5倍。また、の多いことのたとえ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いお【五百】
五百。
数多いこと。 今夜こよいの長さ-夜継ぎこそ/万葉集 985

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごひゃく【五百】
百の五倍の数。
数の多いこと。
「五百羅漢らかん」の略。 馬喰町-のあすが四十七/柳多留 8

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

い‐お ‥ほ【五百】
〘名〙 数の五百。また、数の非常に多いこと。「いほ」の形で接頭語的に、「いほつ」の形で連体詞的に用いる。
[語誌](1)「古事記‐下・歌謡」と「万葉‐四一〇一」には音仮名表記「いほち」の例があり(→いおち(五百箇))、「万葉」には「五百」をイホの借訓仮名として用いた例「借五百(仮庵)」〔七〕、「五百入(庵)」〔一二三八〕があるから、五百を「いほ」といったのは確かである。
(2)「八百(やほ)」と同列であるが、「五百」は「八百」とは別に、「千(ち)」と対にして用いられることが多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご‐ひゃく【五百】
〘名〙
① 数の名。百の五倍。また、数の多いことをたとえていうのに用いる。
※文華秀麗集(818)中・賦得司馬遷〈菅原清公〉「三千猶存眼、五百但嫌情」
※今昔(1120頃か)五「其の沙彌と云は今の釈迦仏、此也、五百の商人と云は今の五百の御弟子等也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五百」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五百の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.