Rakuten infoseek

辞書

五月【ゴガツ】

デジタル大辞泉

ご‐がつ〔‐グワツ〕【五月】
一年の5番目の月。さつき 夏》「えにしだの黄にむせびたる―かな/万太郎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ‐つき【五月/皐月/早月】
陰暦5月のこと。 夏》「庭土に―の蠅の親しさよ/竜之介
ツツジ科の常緑低木。関東以西の河岸の岩上などに自生。初夏、枝先に紅紫色の花をつける。観賞用で、数多くの園芸品種がある。さつきつつじ。 夏》「―咲く庭や岩根の黴(かび)ながら/太祇

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ごがつ【五月】
一年の中の第五番目の月。皐月さつき。さなえづき。 [季] 夏。 〔副詞的用法の場合、アクセントは [0]

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

五月
さつき
陰暦5月の異称で、皐月とも書く。節は仲夏にあたる。田に早苗を盛んに植えるので「早苗月」といったのが略れたものとか、「五月雨(さみだれ)月」を約したものといった語源説がある。五月雨とよぶ長雨の続くうっとうしい季節で、五月雲(さつきぐも)とよばれる厚い雨雲が垂れ込め、夜も五月闇(やみ)といわれる暗い闇夜が続き、晴れ間の待たれる日々であるが、その晴れ間がいわゆる五月晴れである。またこの月の5日は「五月の節」、端午の節供で、五月幟(のぼり)や五月鯉(ごい)を立てる。[宇田敏彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

五月 (サツキ)
植物。ツツジ科の常緑低木。サツキツツジの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いつ‐つき【五月】
〘名〙 五か月。特に懐妊してから五か月目。この月に岩田帯を締める。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「又もけしきばみひて、いつ月ばかりにぞなり給へれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご‐がつ ‥グヮツ【五月】
〘名〙 一年の第五番目に当たる月。仏教では三長斎月の一つとして、精進して、悪事を慎む。さつき。さなえづき。ごがち。《季・夏》
※枕(10C終)二「頃は正月・三月・四月・五月・七八九月・十一二月、すべてをりにつけつつ、一とせながらをかし」 〔法苑珠林‐八八〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五月」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五月の関連情報

他サービスで検索

「五月」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.