Rakuten infoseek

辞書

五日【イツカ】

デジタル大辞泉

いつ‐か【五日】
日の数の五つ。5日間。
月の第5の日。
正月5日。 新年》「水仙にかかる埃(ほこり)も―かな/たかし
5月5日。端午(たんご)節句の日。
「―まで水澄みかぬるあやめかな/桃隣」〈炭俵

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いつか【五日】
日の数五つ。また、連続したその期間。
暦の月の五番目の日。また特に、五月五日の端午の節句。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いつ‐か【五日】
〘名〙
① 日の数五つ。また、五日間。
※土左(935頃)承平五年一月一六日「舟にのりし日より今日までに、はつか余りいつかになりにけり」
の月の初めから五番目の日。
蜻蛉(974頃)中「いつかの日はつかさめしとて」
③ 特に、正月五日、五月五日(端午の節句)など特定の月の第五番目の日を、月を明示せずに言う。正月五日には宮中では叙位が行なわれ、また、手斧始(ちょうなはじめ)の日とした。〔古今六帖(976‐987頃)〕
※俳諧・炭俵(1694)上「五日迄水すみかぬるあやめかな〈桃隣〉」
④ ある事があった日から数えて五番目の日。五日目。
※宇津保(970‐999頃)忠こそ「五日といふ日のつとめて」
⑤ 小児が誕生して五日目。また、この日に行なわれた産養(うぶやしない)の祝い。
※栄花(1028‐92頃)つぼみ花「御うぶやしなひ、三日よは殿せさせ給。五日よはみやづかさ、七日はおほやけより」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五日」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五日の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.