Rakuten infoseek

辞書

五日市【いつかいち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

五日市
いつかいち
広島市の西部佐伯区の一地区。旧町名。 1985年広島市に編入江戸時代山陽道宿駅で定期市も立った。地名はこれに由来海老 (かいろう) は干拓地で,かつて塩田が開けた。第2次世界大戦後,広島市の郊外住宅地として開発が進み,人口急増。植物公園がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いつかいち【五日市】
広島市佐伯(さえき)区の旧称。昭和60年(1985)広島市に合併。→佐伯

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いつかいち【五日市】
東京都西部,西多摩郡の旧町。1995年秋川市と合体して,あきる野市となった。多摩川の支流秋川上流の山地を占める。中心集落の五日市は秋川の谷口集落として発達し,近世には5と10のつく日に市が開かれ,木材,薪炭を江戸に運ぶ五日市街道通じていた。現在も短冊形の町並みが残されている。明治中期までは多摩川上流域からも木炭を集荷し,青梅と並ぶ勢力を有したが,商圏を青梅に奪われてからは停滞した。青梅林業一角を占め,杉,ヒノキなどの良材を産し,製材業が盛んであったが,現在は衰え,立川市など域外への通勤者が増えている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

いつかいち【五日市】
広島県西部,佐伯郡の旧町名。1985年3月,広島市に編入,佐伯(さえき)区となった。市の南西部に位置し,八幡川の三角州上に位置する中心市街の五日市は,中世以来5・10の日に六斎市が立ち,市場町として発達した。海老塩浜は万治年間(1658‐61)に開かれ,1910年代まで製塩が行われていた。現在は野菜やイチゴ,洋ランの裁培,養鶏肉牛飼育が行われている。輸入材による家具の生産も行われる。海岸に沿って山陽本線,広島電鉄,国道2号線,西広島バイパスが通じ,山陽自動車道の五日市インターチェンジがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

いつかいち【五日市】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いつかいち【五日市】
東京都あきる野市の地名。旧町名。多摩川支流の秋川流域を占める。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いつかいち【五日市】
[一] 東京都あきる野市の地名。旧町名で、JR五日市線が通ずる。多摩川支流の秋川の谷口集落として中世末以来五の日ごとに市が立ったことが地名の由来という。
[二] 広島市佐伯区の地名。旧町名で、昭和六〇年(一九八五)広島市に編入、佐伯区となる。広島湾に面し、かつては製塩で栄えた。名は近世の定期市に由来。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五日市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五日市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.