Rakuten infoseek

辞書

五斗米道【ごとべいどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

五斗米道
ごとべいどう
Wu-dou-mi-dao
中国,後末 (2世紀後半) に,蜀 (四川省) で張陵創始した宗教,またはその教団太平道とならんで道教源流とされ,原始道教と呼ばれることもある。信徒が五斗の米を奉納したのでこの名がある。米賊とか天師道とも呼ばれたが,みずからは正一盟威之道と称していたらしい。五斗米道の教法の中心は,治病の法である。病気は神が罪過の罰として下した結果とみなし,その許しを請うためには,病人の姓名と罪に服する意志のあることを書いた文書 (「三官手書」) を天,地,水の三神官に捧げさせた。この教団は,信仰の深浅に従って,鬼卒-鬼吏-姦令-祭酒-大祭酒 (治頭) と昇進する組織をもち,教祖は師君あるいは天師と称した。信徒は『老子』五千文を暗誦させられた。また,「義舎」という無料宿泊所を駅のように各地に設け,そのなかに米,肉などの食料を入れ,貧しい旅行者の便に供した。もしも不正にそれを取れば,罰を受けて病気になると信じられた。教区を「治」と呼び,24治あったと伝える。以上の教法や組織が,仏教の影響のもとに成立したのか,また同時代の張角の太平道と交渉があったか否かについては未詳。張陵の跡は,その子の衡,の魯のいわゆる「三張」が継ぎ,その後は,中原や江南の地にも広まり,書家の王羲之の家が代々五斗米道の信者であったことは有名である。5世紀,北寇謙之は,若い頃張魯の術を修めていたが,五斗米道の教法を整理し,神仙思想と仏教を取入れて,新天師道を設立した。ここに,仏儒二教に対して,道教が宗教として成立したことになる。張天師の家系は続いており,台湾で中国道教会を率いている。第 64代張天師の名は源先。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごとべい‐どう〔‐ダウ〕【五斗米道】
中国、後漢末に起こった初期道教宗教結社。2世紀後半、張陵老子から呪法を授かったと称して創始。自ら天師と称し、祈祷(きとう)によって病気を治し、謝礼として米5斗を納めさせた。孫の張魯(ちょうろ)に至って教説大成、組織が確立し、一大宗教王国を築いたが、魏の曹操征伐を受けて弱体化した。天師道。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごとべいどう【五斗米道 Wǔ dŏu mǐ dào】
2世紀末から3世紀はじめに中国の四川省から陝西省南部に広まった宗教。創始者といわれる張陵が信者に米5斗を出させたので,この名が生まれたというが,彼ら自身では新出正一明(盟)威之道と称したらしい。張陵の孫の張魯がその教法を大成し,司教司祭にあたる治頭や祭酒などの教団組織を固めて独立の宗教王国を樹立したが,215年(建安20),曹操の軍門に下った。しかし,その教団は天師道の名で継続し,いわゆる道教の重要なとなって発展する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごとべいどう【五斗米道】
中国、後漢末、張陵ちようりようが蜀しよく(四川省)で創始した宗教。また、その教団。祈禱きとうによる治病を主とし、入門の謝礼に米五斗を出させた。孫の張魯ちようろの時、一種の宗教王国を形成したが、215年曹操に降服した。その子孫は江西に移り代々張天師と称した。のちに道教の正一教しよういつきようとなる。太平道とともに道教の源流をなす。天師てんし道。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

五斗米道
ごとべいどう
中国、後漢(ごかん)末2世紀中ごろに四川(しせん)省蜀(しょく)におこった道教教団の天師道(てんしどう)の別名。現在では、この教団が魏(ぎ)の曹操(そうそう)によって公認された215年以前を五斗米道、以後を天師道(元(げん)以降は「正一(せいいつ)教」)とよぶ場合が多い。信者が五斗の米を納めたことからこの名があるが、五斗米という数は漢代の県令の五斗禄(ろく)に由来する。開祖は張陵(ちょうりょう)とされるが、実際には孫の張魯(ちょうろ)の代になって教団の組織は確立した。一般の信者は鬼卒(きそつ)とよばれ、24の「治」に分けて支配された。各治の支配には祭酒(さいしゅ)があたり、祭酒はまた、義舎(ぎしゃ)という一種の無料給食所を設け、米や肉を旅人に与えた。宗教活動の中心は治病であり、病気は過去の罪過の結果であるとされた。そこで祭酒は、病人を「静室」に入れて罪過を告白させ、病人の名と罪過を書いた紙片を天・地・水の神々(天官・地官・水官)に捧(ささ)げ、あるいは『老子道徳経』を唱えさせるなどして治病した。張魯かまたはその後継者の作とされる『老子想爾注(そうじちゅう)』は、『老子道徳経』を宗教的・倫理的に解釈した注釈であって、そこにはまた、老子を太上老君(たいじょうろうくん)として神格化し祀(まつ)った記録もみえる。五斗米道の特徴は、中国人の抱く理想郷の理念と共通している。したがって、それが天師道となって中国全土に広がると、農民の反乱に力を与えたり、上流貴族の間にも救世主出現を待望する夢を与えたりしたようである。しかし、この五斗米道が四川省内に実現したような神権政治的独立国家は、その後、二度と中国には現れなかった。[アンナ・ザイデル]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごとべい‐どう ‥ダウ【五斗米道】
〘名〙 中国、後漢末、張陵が蜀(四川省)で創始した宗教およびその教団。病気の原因は当人の罪過にあるとして罪のあがないを説き、祈祷による治療の謝礼に、米五斗(日本の五升)を出させた。後漢末の動乱に乗じて多くの流民をあつめ、三代張魯のときには四川から陝西省南部にかけて宗教王国を形成したが、二一五年、魏の曹操に降服した。しかし、その子孫は江西省の龍虎山に移り、代々張天師を称した。張角の太平道とともに道教の源流とされる。天師道。〔水経注‐沔水〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

五斗米道
ごとべいどう
後漢 (ごかん) の末期に張陵が四川地方で始めた宗教。天師道ともいう
老子の説を利用し,祈禱 (きとう) による療病,不老長寿を説き,謝礼として米五斗(日本の約5升)を出させたのでこの名がある。孫の張魯のころ教義・教団組織も整い,子孫は江西の龍虎山に移る。南北朝時代に寇謙之 (こうけんし) の手で道教として集大成された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五斗米道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五斗米道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.