Rakuten infoseek

辞書

五官【ゴカン】

デジタル大辞泉

ご‐かん〔‐クワン〕【五官】
人間が外界事物を感じる五つの感覚器官。目・皮膚

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

五官
人相を見る際に基本となる、・目・耳・鼻・口の5つの部位のこと。なお口には、・舌も含まれる。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ごかん【五官】
五感を生ずる五つの感覚器官。目(視覚)・耳(聴覚)・舌(味覚)・鼻(嗅覚きゆうかく)・皮膚(触覚)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ご‐かん ‥クヮン【五官】
〘名〙
① 視覚、聴覚、嗅覚(きゅうかく)、味覚、触覚の五つを感覚する器官。目、耳、鼻、舌、皮膚の総称。感官。仏語では五根。
※江談抄(1111頃)四「百里奚車長可轄、五官掾火遂無燃」 〔荘子‐天運〕
② 京都の上賀茂神社の神職の位の五つ、神主、禰宜(ねぎ)、権(ごん)、祝(はふり)、権祝の称。
※賀茂別雷神社嘉元年中行事(1303‐06頃)「一、五官の内社務不参之時は禰宜方の社司を以すゑなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五官」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五官の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.