Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

五大【ごだい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

五大
ごだい
pañca mahābhūtāni
インドにおいて物質を構成する主要な要素と考えられた5元素をいう。地大,水大,火大,風大,大の5つをさす。サーンキヤ学派では,自我意識から生み出される5つの対象領域の微細な要素から5元素が生じると考えられた。バイシェーシカ学派では,6つの原理を立てるうちの第1の原理である実体のなかに収められ,われわれが直接知覚できないものと考えられた。教においては,これらの5元素は究極的には否定されるが,諸要素の実在を認める学派 (→説一切有部 ) によって肯定されている。密教ではこれらの5元素を哲学的形而上学的にとらえ,識と合せて,この6つが宇宙を構成する要素であるとする。五輪の塔はこの思想に基づく。 (→四大 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごだい【五大】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごだい【五大】
万物を生成する地・水・火・風・空の五つの要素。
「五大明王みようおう」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ご‐だい【五大】
〘名〙 仏語。地・水・火・風・空の五大種をいう。万物をつくり出す元素。
※性霊集‐七(835頃)奉為四恩図二部大曼荼羅并十護像願文「讚毀見聞、親疎恩怨、五大所遍心識所在」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ご‐だい【五大】
仏語。万物をつくる五つの要素。の五大種。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五大」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五大の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.