Rakuten infoseek

辞書

五つ【イツツ】

デジタル大辞泉

いつ‐つ【五つ】
数の名。四つの次、六つの前の自然数。ご。いつ。5個。
5歳。
昔の時刻の名。今の午前8時および午後8時ころ。いつつどき。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いつつ【五つ】
ご。五個。物の数を数える時に使う。
五歳。
昔の時刻の名。今の午前と午後の八時頃。五つ時。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いつ‐つ【五つ】
〘名〙
① 一の五倍の数。五(ご)。いつ。
※古今(905‐914)雑体・一〇〇三「つもれるとしを しるせれば いつつのむつに なりにけり〈壬生忠岑〉」
② 第五番目。
※徒然草(1331頃)一一七「友とするにわろき者七つあり。〈略〉五つには、たけく勇める兵(つはもの)
③ 年齢の呼び方で、五歳。
※源氏(1001‐14頃)橋姫「いつつむつばかりなりし程にやにはかに胸を病みて失せにき」
④ 人数の五。五人。
※後拾遺(1086)序「梨壺のいつつの人といひて、歌にたくみなる者あり」
⑤ 中古から近世の時刻の呼び方で、午前八時頃および午後八時頃。いつつどき。
※曾我物語(南北朝頃)九「五つ以後のかよひかなふべからずとの御おきてなり」
※虎明本狂言・磁石(室町末‐近世初)「なんどきじゃと思ふぞ、五つ時分じゃが」
⑥ 「いつつぎぬ(五衣)」の略。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘七年正月一五日「紅一かさね、上に紅梅の濃き薄きいつつを重ねたり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五つ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

五つの関連情報

他サービスで検索

「五つ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.