Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

二酸化マンガン【ニサンカマンガン】

デジタル大辞泉

にさんか‐マンガン〔ニサンクワ‐〕【二酸化マンガン】
マンガン化物の一。灰黒色の粉末。天然には軟マンガン鉱として産出酸化剤のほかマッチ乾電池の材料、塗料・ガラスなどの製造に利用。化学式MnO2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にさんかまんがん【二酸化マンガン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

二酸化マンガン
にさんかまんがん
manganese dioxide

マンガンと酸素の化合物。酸化マンガン(Ⅳ)ともいう。化学式MnO2、式量86.9。天然に軟マンガン鉱(β(ベータ)型、パイロリュース鉱ともいう)および硬マンガン鉱(α(アルファ)型)として産出。正方晶系のルチル型構造(β型)のほかに多くの変態が知られているが、β型およびγ(ガンマ)型が普通。過マンガン酸カリウムを過酸化水素で還元してα型が得られる。硝酸マンガン(Ⅱ)を酸素気流中で約150℃に加熱するとβ型が得られ、硫酸マンガン(Ⅱ)の硫酸酸性水溶液を電解するか、マンガン(Ⅱ)塩水溶液の低温酸化によってγ型が得られる。いずれも灰色から灰黒色の粉末。MnO1.93のようなベルトライド化合物が知られる。両性酸化物であるが希酸やアルカリに作用しにくく、水にも溶けない。β型の比重5.03。かなりの導電性がある。アルカリ性でマンガン(Ⅱ)化合物の酸化またはマンガン(Ⅶ)化合物の還元により、水和物MnO2・2H2Oが沈殿する。酸化剤となる。γ型が乾電池の減極剤に用いられる。マッチ、花火の材料となり、ガラスの青色を消すのに、また乾性油の製造などに用いる。実験室で酸素発生の触媒、有機化学の分野でアルコールの酸化などに用いる。

[守永健一・中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にさんか‐マンガン ニサンクヮ‥【二酸化マンガン】
〘名〙 (マンガンはMangan) マンガンの酸化物。化学式 MnO2 灰黒色の粉末。天然には軟マンガン鉱として産出。酸化剤、染料、釉、マッチ、乾電池、マンガン鋼の材料として利用される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

二酸化マンガン
ニサンカマンガン
manganese dioxide

MnO2(86.94).酸化マンガン(Ⅳ)ともいう.灰色~灰黒色の粉末.天然にはパイロルース鉱として産出する.実験室では,硝酸マンガン(Ⅱ)を空気中で約530 ℃ に加熱分解酸化してつくる.過マンガン酸アルカリを塩基性水溶液中で還元すると水和酸化物の形で生成する.正方晶系,ルチル型構造.密度5.03 g cm-3.比電気伝導率0.16 Ω-1 cm-1(0 ℃).水に不溶.空気中で安定であるが,加熱すると酸素を放って分解する.酸化作用が強く,濃塩酸に溶けて塩素を発する(塩素の製法).また,過酸化水素の酸性水溶液から酸素を発生して Mnとなる.過酸化水素水の分解,塩素酸カリウムの熱分解の触媒,金属マンガンおよびマンガン塩の原料,マンガン鋼,乾電池,マッチ,塗料,うわぐすり,ガラスの着色剤,媒染剤などに用いられる.[CAS 1313-13-9]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

二酸化マンガン
にさんかマンガン
酸化マンガン」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二酸化マンガン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

二酸化マンガンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.