Rakuten infoseek

辞書

二葉亭四迷【ふたばていしめい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

二葉亭四迷
ふたばていしめい
[生]文久4(1864).2.3/28. 江戸
[没]1909.5.10. ベンガル湾
小説家,翻訳家。本名,長谷川辰之助。 1886年東京外国語学校露語科中退。同年坪内逍遙を知り,そのすすめで日本最初の近代リアリズム小説『浮雲』第1編 (1887) を発表。続いて同第2編 (88) ,第3編 (89) と書き進んで,近代口語文体を完成させたが,まもなく文学に疑問を感じ,『浮雲』を中絶したまま内閣官報局の仕事に転じた (89~97) 。その後母校の教授を経て満州に渡る (1902~03) などしたが,その間 I.ツルゲーネフ,N.V.ゴーゴリらの作品を翻訳した。また小説では 20年ぶりに『其面影 (そのおもかげ) 』 (06) ,『平凡』 (07) を書き,的確な心理描写などに実力を発揮した。 1908年『朝日新聞』サンクトペテルブルグ特派員となり,翌年帰国の途上,船中で没した。近代翻訳の嚆矢となった『あひゞき』 (1888) ,リアリズム理論の先駆となった『小説総論』 (86) も記念碑的文献である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふたばてい‐しめい【二葉亭四迷】
[1864~1909]小説家・翻訳家。江戸の生まれ。本名、長谷川辰之助坪内逍遥に師事し、言文一致体の小説「浮雲」を発表、また、ツルゲーネフなどのロシア文学を翻訳。明治41年(1908)ロシアへ渡り、翌年帰国の船中で客死。小説「其面影(そのおもかげ)」「平凡」、翻訳「あひゞき」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

二葉亭四迷 ふたばてい-しめい
1864-1909 明治時代の小説家,翻訳家。
元治(げんじ)元年2月28日(文久2年10月8日とも)生まれ。明治19年坪内逍遥のすすめで「小説総論」,翌年言文一致体の「浮雲」を発表。東京外国語学校(現東京外大)教授などをへて,37年大阪朝日新聞に入社。39年新聞小説「其面影(そのおもかげ)」をかく。特派員としてロシアへ赴任したが結核となり,明治42年5月10日帰国の船上で死去。46歳。江戸出身。東京外国語学校中退。本名は長谷川辰之助(たつのすけ)。翻訳にツルゲーネフの「あひびき」「めぐりあひ」など。
【格言など】親馬鹿と一口に言うけれど親の馬鹿ほど有難いものはない

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

二葉亭四迷
1864〜1909(元治元年〜明治42年)【小説家・翻訳家】ペンネームは父親が文学志望を罵って言った「くたばってしめい」から。 ロシア写実主義文学を紹介。明治期の小説家・翻訳家。本名長谷川辰之助。江戸生れ。東京外国語学校露語科を中退した後、坪内逍遥のすすめで1886年(明治19)独自の写実理論「小説総論」を発表。ついで書かれた小説「浮雲」は、写実主義の描写と言文一致の文体で文学者たちに影響を与えた。しかし、「浮雲」は途中で挫折し、「其面影」「平凡」の発表後筆を折った。朝日新聞の特派員としてロシア赴任を志願、船での帰途肺結核で客死した。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふたばていしめい【二葉亭四迷】
1864‐1909(元治1‐明治42)
明治期の小説家,翻訳家。本名長谷川辰之助。別号は冷々亭杏雨,四明など。尾張藩下級武士の独り子として江戸生れ。維新の動乱を体験し,幼少年期を名古屋,東京,松江などに過ごした。陸軍士官学校の受験に3度失敗したのち,対ロシア外交への関心から東京外国語学校露語科に入学。1881年から86年までの在学中に19世紀ロシア文学に目を開かれ,文学の意義と社会的役割を自覚した。86年1月,当時新文学の旗手と見られていた坪内逍遥をたずね,文学観を披瀝して逍遥に衝撃を与え,そのすすめで評論《小説総論》(1886)や《浮雲》(1887‐89)を発表。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふたばていしめい【二葉亭四迷】
1864~1909) 小説家・翻訳家。江戸市ヶ谷生まれ。本名、長谷川辰之助。東京外国語学校中退。「小説総論」「浮雲」を発表、近代リアリズムの先駆者となる。言文一致の実践、「あひゞき」その他ロシア文学の翻訳など、近代文学史上画期的な意義をもつ。ほかに「其面影」「平凡」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

二葉亭四迷
ふたばていしめい
(1864―1909)
小説家。本名長谷川辰之助(はせがわたつのすけ)。別号冷々亭杏雨(れいれいていきょうう)。尾張(おわり)藩士長谷川吉数(よしかず)のひとり子として元治(げんじ)元年2月28日(一説には文久(ぶんきゅう)2年10月8日)江戸に生まれる。幕末から明治初年にかけての動乱期を江戸、名古屋、松江などで過ごし、最初は軍人となってロシアの南下政策からわが国を守ろうと考えたが、陸軍士官学校受験に失敗、外交官志望に転じて東京外国語学校でロシア語を学んだ。しかし在学中にロシア文学に興味をもち、学校が東京商業学校(現一橋大学)に合併されたことを不満として、1886年(明治19)退学、坪内逍遙(つぼうちしょうよう)を訪ねて文学者として出発した。同年『小説総論』において、現象を借りて本質を写さなければならぬというリアリズムの理論を主張し、それに基づいて『浮雲(うきぐも)』(1887~1889)を発表したが、執筆中に生じた思想的動揺から観念や文学の価値を疑い、小説を中絶し、内閣官報局に入って官吏となった。官報局時代の彼は外字新聞の翻訳を担当するかたわら、内外の文献をあさって人生の目的や観念の存在価値を追求したが、結局それらの意味を確立することができず、「実感」を重んじて実業に従事したいと願うようになった。この探究の跡は手記『落葉のはきよせ』(1889~1894)に残されている。1897年官報局を退職、陸軍大学校などでロシア語を教え、1899年には東京外国語学校教授に就任したが、年来の志である日露問題への関心は消えず、両国の関係が緊迫化した1902年(明治35)外語大を辞任してウラジオストクに渡った。しかし現地の受け入れ先、徳永商店と肌があわず、北京(ペキン)で旧友川島浪速(かわしまなにわ)が主宰する警察学校の事務長となったが、ここでも川島と意見が対立して、1903年帰国した。
 帰国後朝日新聞社に入社した彼は、周囲の説得に屈して1906年『其面影(そのおもかげ)』を『東京朝日新聞』に連載(刊行は1907年)、文壇に復活した。この小説は、知識や観念のために「死了」して真の行為を欠く知識人の内面の空白を批判したもので、『浮雲』の主題を引き継いだ作品である。この小説の好評に促されて1907年『平凡』を発表したが、小説家で終わるつもりはなく、1908年、朝日新聞露都特派員として日露の相互理解に尽くすべくペテルブルグに向かった。しかし不運にも着任早々不眠症に悩み、ついで肺炎と肺結核を併発して、ロンドン経由、船路帰国の途中、明治42年5月10日ベンガル湾上で没した。
 文学者としての彼はわずか3編の創作といくつかの翻訳しか残さず、その実生活も失敗の連続に終わったが、「真理」を追求して経世済民の文学を目ざし、近代リアリズムと言文一致の主張によって近代文学の基礎を築いた功績はきわめて大きく、また翻訳においても『あひゞき』『めぐりあひ』(ツルゲーネフ原作。ともに1888)はじめ、『うき草』(ツルゲーネフ、1897)、『血笑記(けっしょうき)』(アンドレーエフ、1908)などのロシア文学を紹介し、後世に多大の影響を与えた。わが国最初のエスペラント語の教科書『世界語』(1906)を編纂(へんさん)した功績も忘れることができない。[十川信介]
『『二葉亭四迷全集』全9巻(1964~1965・岩波書店) ▽坪内逍遙・内田魯庵編『二葉亭四迷』(1909・易風社/復刻版・1975・日本近代文学館) ▽十川信介著『増補二葉亭四迷論』(1984・筑摩書房) ▽中村光夫著『二葉亭四迷伝』(講談社文庫) ▽小田切秀雄著『二葉亭四迷』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二葉亭四迷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

二葉亭四迷の関連情報

関連キーワード

元治エンゲルスワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)太平天国ペドロ[2世]明治維新ロダンエリオットノーマン長坂クララ

他サービスで検索

「二葉亭四迷」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.