Rakuten infoseek

辞書

二番目

デジタル大辞泉プラス

二番目
古典落語の演目のひとつ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にばんめ【二番目】
二番目狂言町人百姓など庶民社会を描いた狂言をいう。世話物とも。江戸の芝居元禄(1688‐1704)ごろから1日に狂言は一つ,題名も一つというしきたりがあった。二番目ということばは,最初は四番続きの狂言の第2番目の場というものだったが,享保(1716‐36)以後武士の世界を扱った狂言の中で,町人の世界を描いた世話物という意味がしだいに濃くなってきた。そして天明期(1781‐89)に桜田治助一番目(時代物)と二番目(世話物)とを実質的に独立させる試みをしたが,やがて寛政期(1789‐1801)に並木五瓶が1日の狂言をはっきり二つに分け,二番目にも独立した題名をつけることを始めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にばんめ【二番目】
順序が第二位であること。
「二番目物」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にばん‐め【二番目】
〘名〙
① 順序が第二位であること。最初のものに次ぐもの。第二番。
※風姿花伝(1400‐02頃)三「されば昼二番めによきのうのていを、よるのわきにすべし」
※役者論語(1776)賢外集「勢州の芝居より京本ぶたいへ出、二ばんめを勤め」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にばん‐め【二番目】
順番が第2位であること。第2番。
二番目狂言」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二番目」の用語解説はコトバンクが提供しています。

二番目の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.