Rakuten infoseek

辞書

二次性貧血(続発性貧血/症候性貧血)【にじせいひんけつぞくはつせいひんけつしょうこうせいひんけつ】

家庭医学館

にじせいひんけつぞくはつせいひんけつしょうこうせいひんけつ【二次性貧血(続発性貧血/症候性貧血) Secondary Anemia】
[どんな病気か]
 他の病気の症状としておこる貧血を、二次性貧血、続発性貧血、あるいは症候性貧血といいます。よくみられる貧血で、治療は原因疾患の治療と同時に行ないますが、原因がはっきりせず、診断に時間がかかることもあります。
●出血性貧血(しゅっけつせいひんけつ)
 鉄欠乏性貧血(「鉄欠乏性貧血」)のように、なんらかの原因で大量に、あるいは少量でも慢性的な出血があると、貧血がおこります。とくに体内での慢性の少量出血は、原因をつきとめて治療しますが、同時に鉄分を補う治療もたいせつです。
●感染症、炎症、がんによる貧血
 慢性の感染症や炎症、がんがあると、鉄分を摂取しても治らない貧血がおこることがあります。原因は、免疫(めんえき)にかかわる組織が活発になり、鉄が組織にとり込まれて、鉄欠乏の状態になるためです。
●腎臓病(じんぞうびょう)による貧血
 腎臓病が悪化して腎臓の機能が失われてくる(腎不全(じんふぜん))と、造血(ぞうけつ)を促すホルモンであるエリスロポエチン(赤血球生成促進因子(せっけっきゅうせいせいそくしんいんし))が産生されにくくなるために、貧血がおこります。
 エリスロポエチンは、鉄分の不足がなければ、慢性腎炎の治療や人工透析(じんこうとうせき)をしている人にも効果的です。
 この場合も、貧血の治療が、原因となっている腎臓病の改善に役立ちます。
●肝臓病による貧血
 肝臓は、体内の一大化学工場のような臓器で、肝臓に病気があると、さまざまな物質の代謝機能(たいしゃきのう)が低下し、貧血がおこります。
 治療には、肝臓病の治療が第一です。
●内分泌(ないぶんぴつ)の病気による貧血
 ホルモンは造血機能に影響するので、内分泌の病気があると貧血がおこります。
 治療には、不足したホルモンの補充などが行なわれます。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

二次性貧血(続発性貧血/症候性貧血)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

二次性貧血(続発性貧血/症候性貧血)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.