Rakuten infoseek

辞書

二分法【ニブンホウ】

デジタル大辞泉

にぶん‐ほう〔‐ハフ〕【二分法】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

二分法
一つの特性Aに着目し,この特Aを持っているか持っていないか,つまりAかAでないかという二つの分類単位によって,分類を行う方法.この場合にAを単なる記号と考えれば,Aと非Aとは等価である.しかしながら人間が採択する分類単位は単なる記号ではない.Aという特性は人間が重要だと認知したことによって採択されたのであり,したがって非Aという特性は,Aという特性以外の,重要でないと考えられる特性となる.つまり,Aか非Aかという二分法は,すでにAの側に加担した認識作用が働いているのであり,Aという特性の恣意的な押し付けとなる危険性を含んでいる.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にぶん‐ほう ‥ハフ【二分法】
〘名〙 (dichotomy の訳語)
① 一般に全体を二つの部分に分けること。
② 論理学で、概念を互いに矛盾する二つの下位概念に区分すること。たとえば、「人間」を「白人」と「非白人」に分けることなど。
精神分析入門(1959)〈安田一郎〉一一「事象を、敵と味方、善玉と悪玉、愛国者と非国民のような二分法(dichotomy)で見たり、考えたりすることにもなるし」
③ 人間が霊魂と肉体の二つからなるとする考え方。たとえば、「新約聖書」中のパウロの考え方。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二分法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

二分法の関連情報

他サービスで検索

「二分法」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.