Rakuten infoseek

辞書

二八蕎麦【ニハチソバ】

デジタル大辞泉

にはち‐そば【二八蕎麦】
うどん粉とそば粉割合を2対8でつくったそば。また、そば粉2、うどん粉8の割合でつくった下等なそば。1杯16文の安なそばをさしたともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

にはちそば【二八蕎麦】
そば粉を8に対し、つなぎの小麦粉を2の割合で打ったそば。◇古く、慶応年間(1865~1868)以前には、2×8=16で、1杯16文のそばをいったとされる。時代が下って小麦粉を混ぜて作ったそばにの低下したものが増えると、「二八そば」はそのような安価なそばの代名詞のように用いられ、高級店ではそば粉だけで打つ「生そば」を看板とした。こんにちでは単に配合をいい、そばの質や店のとは無関係に用いる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

にはちそば【二八蕎麦】
うどん粉二分、そば粉八分の割合で作ったそば。二八の洒落しやれで、一杯一六文のそばをさすともいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にはち‐そば【二八蕎麦】
〘名〙 そば粉八、うどん粉二の割合で作ったそば。後には、そば粉二、うどん粉八の割で作った下等のそばをいい、また、江戸末期、価が一杯一六文であるところから「二八、一六」で、「二八」はその価を示すとも考えられた。二八蕎麦切。二八の蕎麦。
※俳諧・七番日記‐文化一三年(1816)「蓮咲くや八文茶漬二八そば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二八蕎麦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

二八蕎麦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.