Rakuten infoseek

辞書

二三【ニサン】

デジタル大辞泉

に‐さん【二三】
ふたつみつ。の少ないことをいう。いくつか。「二三質問をしたい」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

にさん【二三】
二つか三つ。いくらか。少々。 -うかがいたいことがある

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

に‐さん【二三】
〘名〙
① ふたつみっつ。少ない数にいう語。いくらか。すこし。
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉二編「其衷(ちう)を探れば、則ち彼は其心を二三(ニサン)(〈注〉ウワキ)にし、妾(せう)は一つに貞堅を播(と)る」
② 二と三。
③ 江戸時代に、遊里で用いられた客の替名(かえな)。五兵衛、五郎兵衛などの「五」を分解したものという。
※浮世草子・好色一代女(1686)一「長崎屋出羽あげづめにせし二三といへる男」
④ 藤八拳(とうはちけん)のこと。二人が対座して、狐と庄屋と鉄砲に見たてた三種類の両手のかたちによって勝負を決するところから、その「二」と「三」をとっていう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二三」の用語解説はコトバンクが提供しています。

二三の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.