Rakuten infoseek

辞書

二クロム酸塩【にくろむさんえん】

世界大百科事典 第2版

にくろむさんえん【二クロム酸塩】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

二クロム酸塩
ニクロムサンエン
dichromates

一般式M2Cr2O7の一般に赤橙色の塩.遊離酸は得られていない.重クロム酸塩は旧名で現行命名法では正しくない.IUPAC体系名はヘプタオキシド二クロム酸塩.工業的には,クロム鉄鉱にNa2CO3,石灰を加えてばい焼し,水で抽出し,これに硝酸を加えて微酸性にし,濃縮するとNa塩が得られる.KClとの複分解でK塩も得られる.各金属クロム酸塩を硝酸などで微酸性にしたり,金属水酸化物とCrO3とを反応させるなどで,ほかの金属の塩も得られる.結晶は1個のO原子を共有して2個の四面体型のCrO4が結合したCr2O72-を含む.アルカリ金属塩は水に可溶.水溶液はアルカリ性にするとCrO42-となり,黄色になる.酸性水溶液は酸化性が強い.

Cr2O72- + 14H + 6e → 2Cr3+ + 7H2O

酸化剤に用いられるほか,染料,医薬品,火薬,顔料などの製造にも用いられる.六価クロム化合物であるから化学物質排出把握管理促進法・特定1種指定.毒劇法では重クロム酸塩として劇物指定.労働安全衛生法・名称等を通知すべき危険物及び有害物指定.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二クロム酸塩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

二クロム酸塩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.