Rakuten infoseek

辞書

事象【じしょう】

デジタル大辞泉

じ‐しょう〔‐シヤウ〕【事象】
ある事情のもとで、表面に現れた事柄。現実の出来事。現象。「自然界の事象
数学で、試行の結果起こる事柄。例えば、さいころを投げるという試行の結果からは一から六の目のどれかが出るという事象が起こる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じしょう【事象 event】
数学用語。偶然現象において,起こりうるそれぞれの可能性に対して確率を対応させようとするとき,その対象となる事柄が事象である。数学的には次のように記述される。例えばさいを投げる場合,それぞれの目が出るのはいろいろな偶然に支配される結果と考え,それら偶然をパラメーターωで表す。1の目が出たのはω1が支配した結果,2の目はω2が,……,6の目はω6が支配したものと考える。これらωを根元事象と呼び,根元事象の集合を事象という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じしょう【事象】
(認識の対象としての)出来事や事柄。 「自然界の-」
〘数〙 確率論で、さいころを投げるというような、試行の結果起こる事柄。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐しょう ‥シャウ【事象】
〘名〙
① いろいろの物事や現象。
※比興詩を論ず(1905)〈角田浩々歌客〉六「その詩と想と体と所詠の事象と」
② 数学で、試行の結果起こる事柄。たとえば、賽(さい)を振るという試行に対しては、一の目が出る、偶数の目が出る、四以上の目が出る、などの事象が考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事象」の用語解説はコトバンクが提供しています。

事象の関連情報

他サービスで検索

「事象」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.