Rakuten infoseek

辞書

争議行為【そうぎこうい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

争議行為
そうぎこうい
労働関係の当事者がその主張を貫徹することを目的として行う正当な行為およびこれに対抗する正当な行為であって,かつ業務の正常な運営を阻害する行為 (労働関係調整法7) をいう。労働者の争議行為にはストライキボイコット,ピケット,サボタージュ,残業拒否,休暇闘争,職場占拠などがあり,使用者の争議行為にはロックアウトがある。いずれの争議行為にしろ目的と手段において正当なものでなければならない。労働組合側についていえば,正当な争議行為についてのみ刑事・民事免責が認められるから,正当性の範囲が問題になる。判例は諸権利との調和のなかでの具体的妥当性に,学説は社会的妥当性にそれぞれ判断基準を求めている。 (→争議権 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そうぎ‐こうい〔サウギカウヰ〕【争議行為】
労働関係の当事者が、その主張を貫徹するため、またそれに対抗するために行う、業務の正常な運営を阻害する行為。労働者側ではストライキサボタージュなど、使用者側ではロックアウトなどがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうぎこうい【争議行為】

[争議行為の概念]
 労働組合法8条は〈同盟罷業その他の争議行為〉という概念を使用しているが,その意味を明示していない。わずかに労働関係調整法7条が〈業務の正常な運営を阻害するもの〉と定義するのみである。学説も従来はこれにならい業務阻害性を本質と理解する傾向にあった。しかし,争議行為と組合活動は,リボン着用闘争あるいはビラはり活動の例に示されるように,必ずしも明快に区分することができない。さらに同8条は,正当な争議行為に限って民事免責を規定しており,組合活動に民事免責が適用されないがゆえに,何が民事免責の効果を伴う争議行為であるか,反対に何が民事免責の効果を伴わない組合活動であるか,その範囲を画するために争議行為の概念を定義することは,実益のある重要な問題となっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうぎこうい【争議行為】
労働関係の当事者が、その主張の貫徹を目的として、あるいはこれに対抗するためになす行為で、業務の正常な運営を阻害するもの。労働者側のストライキ・サボタージュ・ボイコット、使用者側のロックアウトなど。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

争議行為
そうぎこうい
労働争議が発生した場合に労働者の集団が、その主張・要求を貫徹するために集団の意思決定に基づいて労働力の提供を拒否し業務の正常な運営を阻害する行為。労働関係調整法(昭和21年法律第25号)第7条は「争議行為とは、同盟罷業、怠業、作業所閉鎖その他労働関係の当事者が、その主張を貫徹することを目的として行ふ行為及びこれに対抗する行為であつて、業務の正常な運営を阻害するもの」と定めている。同条は、使用者が労働者の争議行為に対抗して労働者集団を事業所から締め出すために行う作業所閉鎖(ロックアウト)も争議行為としてとらえている。
 争議行為は次のように分類できる。まず争議行為の目的から分類すると、労働・生活条件の改善を要求する経済スト、悪法反対や安保条約廃棄などの政治要求を掲げる政治スト(労働・生活条件に関係する政治課題を対象とする経済的政治ストと、高度な政治課題に関する純粋政治ストに分かれる)、他の労働組合の闘争を支援するために行われる同情ストなどがある。争議行為に参加する労働者の範囲から分類すると、経営スト(全面ストと部分ストに分かれる)、全国スト、国際ストなどがある。さらに正規の組合内手続に従った組合ストと、それを欠く組合統制違反のスト(山猫スト)がある。そのほかにもストライキの形態として、出荷スト、抜き打ちスト、波状ストなどがある。さらに、ストに付随して行う行為としてのピケッティング、ストライキと類似する行為としてサボタージュ(怠業)、ボイコット、生産管理、職場占拠などがある。
 日本国憲法第28条は、団体行動権としての争議権を保障しており、労働者は争議行為を行っても、それが正当である限りその責任を追及されることはない。具体的には、労働組合法(昭和24年法律第174号)第1条2項が刑事免責を定めており、第8条が民事免責を定めている。ただし労働組合法は、「正当な争議行為」および「正当な組合活動」についての免責を定めているのであり、ここで正当性とは何かが問題となる。争議行為の場合、その正当性は、目的および手段の両面から判断される。目的の正当性については、とくに政治ストが問題となり、否定・肯定の両説があるが、判例は否定説である。手段の正当性については、労働組合法第1条2項が定めているように、暴力の行使はいかなる理由があろうとも許されない。ただし争議行為の目的は、相手方にできる限り大きい損害と圧力を加えることであるから、同条の規定が相手方の出方と無関係に一定の物理的圧力を加えることまで禁止していると解釈することはできない。[村下 博・吉田美喜夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そうぎ‐こうい サウギカウヰ【争議行為】
〘名〙 労働関係の当事者が、自己の主張の貫徹、またはこれに対抗するために行なう、業務の正常な運営を阻害する行為。ストライキ・サボタージュ・ピケッティング・作業所閉鎖(ロックアウト)など。
※国家公務員法(1947)九八条「職員は〈略〉同盟罷業、怠業その他の争議行為をなし、又は政府の活動能率を低下させる怠業的行為をしてはならない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

争議行為」の用語解説はコトバンクが提供しています。

争議行為の関連情報

他サービスで検索

「争議行為」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.