Rakuten infoseek

辞書

予〔豫〕【ヨ】

デジタル大辞泉

よ【予〔豫〕】[漢字項目]
[音](呉)(漢) [訓]あらかじめ かねて われ
学習漢字]3年
あらかじめ。前もって。「予価予感予言予告予算予選予想予測予断予知予定予備予防予約
心がゆったりする。心地よくなる。「不予
ぐずぐずする。「猶予
伊予(いよ)国。「予讃・予州
われ。自分。「予輩
[補説]本来14は「豫」、5は「予」で別字。
[名のり]たのし・まさ・やす・やすし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あらかじめ【予】
〘副〙
① 前々から。前もって。かねて。
※書紀(720)応神四〇年正月(北野本訓)「時に大鷦鷯尊、預(アラカシメ)天皇の色(みおもへり)を察(さと)りて」
※万葉(8C後)四・五五六「筑紫船いまだも来ねば予(あらかじめ)(あら)ぶる君を見るが悲しさ」
学問のすゝめ(1872‐76)〈福沢諭吉〉一七「予め其人柄を当てにして世上一般より望を掛らるる人を称して」
② 物事のだいたいのところは。おおよそ。
滑稽本・七偏人(1857‐63)三「芋畑だの野猪だのと言ふ噺しまで大概(アラカジメ)聞やして」
[語誌]平安時代においては漢文訓読文に用いられ、和文にはほぼ同義の「かねて(より)」が用いられた。現代語では、「あらかじめ」はある事の始まる前に対処する意で時制にかかわりなく用いられるのに対し、「かねて」は過去のある時からその事を意識して現在にまで及ぶ意で過去のことにしか用いることができない。古典語では「かねて」にこのような制限はない。→かねて

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よ【予】
〘名〙 易の六十四卦の一つ。、上卦は震(雷)、下卦は坤(地)。雷地予ともいう。「予」はよろこぶ意。上にある者が動いてことを行ない、下民がこれに悦び従うさま。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

予〔豫〕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

予〔豫〕の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.