Rakuten infoseek

辞書

亀腹【カメバラ】

デジタル大辞泉

かめ‐ばら【亀腹】
建築物の基礎部分、多宝塔の上下両層の間、鳥居の柱脚部などを、白漆喰(しろしっくい)などで固めてまんじゅう形に造ったもの。
腸などに水やガスがたまって腹が膨れ、静脈が亀甲(きっこう)模様のように現れたもの。〈和名抄

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かめばら【亀腹】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かめばら【亀腹】
社寺建築などの基礎部分や鳥居の柱の下、多宝塔の上下層の間に、白漆喰しつくいなどを固めてつくった饅頭まんじゆう形の部分。 → 鳥居
病気の名。腸に水またはガスがたまって腹が膨れるもの。 「足立たずして、然も-とか申して見苦しく/浮世草子・織留 4

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かめ‐ばら【亀腹】
〘名〙
① 腸管内に水またはガスがたまり、腹部がふくれて静脈が亀甲のように青く現われる病気。腸満(ちょうまん)。〔十巻本和名抄(934頃)〕
② 妊婦の腹のこと。
※浄瑠璃・姫小松子日の遊(1757)二「つい亀腹に成って戻る」
③ 建築物の基礎の部分や、鳥居の柱下などを丸く漆喰(しっくい)などで固めた、まんじゅう形の部分。
信長公記(1598)首「大堀霞むばかりかめ腹にほり上げ、丈夫に構へ候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亀腹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

亀腹の関連情報

他サービスで検索

「亀腹」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.