Rakuten infoseek

辞書

亀倉雄策【かめくらゆうさく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

亀倉雄策
かめくらゆうさく
[生]1915.4.6. 新潟,吉田
[没]1997.5.11. 東京,中央
グラフィック・デザイナー。日本大学第二中学校卒業後,新建築工芸学院に学ぶ。1938年名取洋之助が主宰する日本工房に入社,海外向けの広報誌『NIPPON』のアート・ディレクターとなり,芝浦モートルのポスターで注目される。第2次世界大戦後は日本のグラフィック・デザイン第一人者として,1951年原弘らと日本宣伝美術会を創立,1970年の解散までその中心となる。1961年芸術選奨,1966年ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ芸術賞,1967年同金賞,1980年紫綬褒章,1991年文化功労者など多数表彰を受けた。主要作品はカメラのニコン東京オリンピック競技大会のポスター,日本電信電話 NTTシンボルマークなど。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

亀倉雄策 かめくら-ゆうさく
1915-1997 昭和-平成時代のグラフィックデザイナー。
大正4年4月6日生まれ。戦前,雑誌「NIPPON」のアートディレクターをつとめ,昭和26年日本宣伝美術会,35年日本デザインセンターの設立に参加。東京・札幌五輪や大阪万博のポスター,NTTシンボルマークで知られる。58年朝日賞,平成3年文化功労者。平成9年5月11日死去。82歳。新潟県出身。新建築工芸学院卒。著作に「離陸着陸」「曲線直線宇宙」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

かめくらゆうさく【亀倉雄策】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

亀倉雄策
かめくらゆうさく
(1915―1997)
グラフィック・デザイナー。新潟県生まれ。少年期から雑誌『中央美術』や美術書を愛読する。日本大学第二中学時代にカッサンドルのポスターにふれ、グラフィック・デザイナーを志す。その後、エル・リシツキーのフォトモンタージュやバウハウスなどヨーロッパの新しいデザインと芸術に傾倒する。1938年に土門拳の紹介で名取洋之助と出会い、同氏主宰の日本工房に入り、英独仏西4か国語併記のグラフ誌『NIPPON』のアート・ディレクターを務める。51年、日本宣伝美術会(日宣美)の創立に参画する。その後、日本のデザイン界の第一線で指導的な役割を果たし、80年には紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受賞する。さらに89年には、リクルートから『Creation』を創刊し、94年(20号)まで続いた。91年(平成3)文化功労者。97年5月12日、心不全のため死去。おもな作品に「東京オリンピックのポスター」(1964)、「大阪万国博覧会ポスター」(1967)などがあり、また著作には『日本の庭』(伊藤ていじ・岩宮武二との共著)、『亀倉雄策のデザイン』(1983)などがある。[村田 宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亀倉雄策」の用語解説はコトバンクが提供しています。

亀倉雄策の関連情報

関連キーワード

牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット高校野球アルメニア人虐殺グリフィスデミル(Cecil Blount De Mille)三木露風[各個指定]芸能部門

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.