Rakuten infoseek

辞書

乾燥材【かんそうざい】

大辞林 第三版

かんそうざい【乾燥材】
天然あるいは人工的に所定含水率に乾燥した木材。寸法安定性や強度・耐朽性に優れる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

乾燥材
あらかじめ良く乾燥させた木材の事。寸法変化のほとんどない優れた建築材料として、いつまでも長く使う事が出来る。その他の特徴としては、強度が増す・工期が短くて済む等がある。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農林水産関係用語集

乾燥材
建築用材などとして使用する前に、あらかじめ乾燥させた木材。木材に含まれる水分を一定の水準まで減少させることにより、寸法の狂いやひび割れ等を防止し、強度を向上させる効果がある。

出典:農林水産省

乾燥材」の用語解説はコトバンクが提供しています。

乾燥材の関連情報

他サービスで検索

「乾燥材」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.