Rakuten infoseek

辞書

乳酸【にゅうさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

乳酸
にゅうさん
lactic acid
α-ヒドロキシプロピオン酸ともいう。化学式 CH3CH(OH)COOH 。不斉炭素原子を1個有し,L- ,D- ,DL- の3種の光学異性体がある。牛乳の酸敗のときにできる乳酸は融点 53℃,普通の発酵でできるものは融点 17℃である。解糖作用の最終生成物として,筋肉中に生成する。筋肉から分離されたものは右旋性である。カルシウム塩,亜鉛塩は医薬品,チタン塩は製革,その他染色,食品,特に乳酸飲料に使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にゅう‐さん【乳酸】
有機酸の一。無色の柱状結晶。水・エタノールに溶ける。動物体内に存在し、解糖の最終生成物で、筋肉中に蓄積されると疲労の原因となる。また乳酸菌による発酵で生じ、薄い水溶液はさわやかな酸味をもち、清涼飲料の酸味剤に利用。化学式CH3CH(OH)COOH

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

乳酸
 C3H6O3 (mw90.08).

 図のL-乳酸はピルビン酸が還元されて生成する.筋肉の運動によっても生じ,その大半は肝臓に運ばれてグルコースへと再変換される.乳酸菌の生産する乳酸は乳酸飲料として利用される.ヒト血液の正常値は0.6〜1.8mEq/l

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にゅうさん【乳酸 lactic acid】
化学式CH3CH(OH)COOH。α‐ヒドロキシプロピオン酸,エチリデン乳酸ともいう。不斉炭素原子をもつ代表的な物質で,右旋性(+),左旋性(-)およびラセミ体(±)の3種が存在する。(+)‐乳酸はL(またはS)配置,(-)‐乳酸はD(またはR)配置をもつ。このうち,(+)‐乳酸は高等動物体内で嫌気性の組織や筋肉中に存在し,肉乳酸sarolactic acidとも呼ばれる。解糖系代謝の最終産物であるピルビン酸の還元によって生ずる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にゅうさん【乳酸】
乳酸菌による糖などの発酵で生ずる α ヒドロキシ酸。化学式 C3H6O3 酸味のある無色の粘性液体で、染色工業で還元剤、食品工業で酸味剤などに用いる。また、筋肉中でのグリコーゲンの解糖によっても生じ、筋肉内に乳酸が蓄積すると疲労の原因となる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

乳酸
にゅうさん
lactic acid
α(アルファ)-オキシ酸の一つで、オキシプロピオン酸ともいう。分子量90.08。1780年スウェーデンの化学者シェーレによって酸敗した牛乳から発見されたので、この名がつけられた。不斉炭素原子をもち、光学異性体があるもののうち、もっとも簡単な化合物の一つで、動植物界に広く存在する。
 L-乳酸は解糖の最終産物としてピルビン酸の還元によって生ずるが、乳酸デヒドロゲナーゼがこの反応を触媒する。柱状晶。融点53℃。比旋光度(+)2.6度で、吸湿性。休息時にも血液中に正常成分として少量存在するが、運動時には筋肉中のグリコーゲンから大量に生じ、血液中の濃度が増加する。D-乳酸は厚い板状晶。融点は52.8℃で、比旋光度(-)2.6度である。DL-乳酸(ラセミ体で、D-乳酸とL-乳酸の混合物)は融点16.8℃で、旋光性は示さない。
 製法には発酵法と合成法とがある。発酵法では、糖質を原料として乳酸菌による乳酸発酵により生成され、これは発酵乳酸とよばれる。乳酸菌の種類によってD-またはL-乳酸、あるいはラセミ体が生成される。合成法では、アルデヒドとシアン酸より乳酸ニトリル、乳酸メチルエステルを経て得られる。用途としては、食品添加物に指定されており、合成酒の配合剤、清涼飲料水、ドロップ、ゼリー、アイスクリームなどの酸味剤、清酒醸造用として発酵初期に雑菌の生育防止などに用いられる。乳酸飲料には広く用いられ、食品にもっとも古くから広く使用されている。このほか、医薬品などにも用いられる。[飯島道子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にゅう‐さん【乳酸】
〘名〙 有機酸の一種。化学式 CH3CH (OH)COOH 光学異性により三つの異性体がある。動物の器官中に広く存在し、解糖作用によって生産され、筋運動に伴って筋肉中のグリコーゲンから大量に生じ疲労の原因をなすもの(肉乳酸)、植物界に広く分布し、糖類の乳酸発酵などで生じ、一般に酸敗した物質に含まれるもの(発酵乳酸)などがある。酸味剤・医薬品、皮革工業の脱灰、染色工業の還元剤、食品工業などで広く用いられる。〔内外新法(1866)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乳酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

乳酸の関連情報

他サービスで検索

「乳酸」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.