Rakuten infoseek

辞書

乳糖【にゅうとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

乳糖
にゅうとう
lactose
化学式 C12H22O11 。哺乳類の乳の中に約5%含まれている二糖類で,D-グルコース (ブドウ糖) とD-ガラクトースが結合したもの。ラクトースともいう。α体とβ体の2種がある。α体は1分子の結晶水を有し,融点 202℃。β体は無水の結晶で,融点 252℃。どちらも水溶液は光学活性である。乳酸菌の作用を受けて乳酸に変る (→乳酸発酵 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にゅう‐とう〔‐タウ〕【乳糖】
類の乳に含まれている二糖類。わずかに甘い、無色結晶加水分解でぶどう糖とガラクトースになる。人工乳などに利用。化学式C12H22O11 ラクトース

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にゅうとう【乳糖 milk sugar】
ラクトースlactoseともいう。哺乳類の乳汁中に存在する糖で,乳汁中の糖のほとんどを占めている。人乳には約7%,牛乳には約4.5%含まれている。植物ではレンギョウの花粉やサポジラの実に含まれることがある。工業的にはチーズ製造の副産物であるホエーから調製される。ガラクトースとグルコースより成る二糖類で,甘みは弱く,ショ糖の16~28%である。αおよびβの2種類の異性体があり,α‐乳糖には無水物と,結晶水1分子をもつ水和物が存在する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にゅうとう【乳糖】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

乳糖
にゅうとう
乳汁中に含まれるおもな炭水化物で、ラクトースともいう。[不破英次]

人体との関係

小腸粘膜の微絨毛(びじゅうもう)上に存在するラクターゼの作用で膜消化され、ガラクトースとグルコースとなり吸収される。ガラクトースは体内でグルコースから合成されるが、乳幼児では脳のガラクトースを含む構成成分の合成が円滑に行われるように、母乳から乳糖の形で供給している。[不破英次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にゅう‐とう ‥タウ【乳糖】
〘名〙 乳汁に含まれている二糖類の一種。哺乳類の乳汁に特有のもの。乳児には重要なもので、腸内にはいって乳酸となり、他の有害な発酵を抑制するはたらきがある。乳児食品の添加剤、医薬品に用いられる。ラクトース。〔遠西医方名物考(1822)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

乳糖
ニュウトウ
milk sugar

[同義異語]ラクトース

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

乳糖

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乳糖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

乳糖の関連情報

関連キーワード

蔗糖ショ(蔗)糖麦芽糖アロラクトースイソマルトース加水分解ゲンチオビオースショ糖セロビオース

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.