Rakuten infoseek

辞書

乳歯【にゅうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

乳歯
にゅうし
deciduous teeth
ヒトではが2回萌出するが,最初に生えるほうを歯という。上下顎の左右にそれぞれ5本ずつ,計 20本ある。前から乳中切歯,乳側切歯,乳犬歯,第1乳臼歯,第2乳臼歯の順に並ぶ。萌出時期は,乳中切歯が生後6~8ヵ月,乳側切歯8~12ヵ月,第1乳臼歯 12~18ヵ月,乳犬歯 15~20ヵ月,第2乳臼歯 20~30ヵ月。乳歯の下にある永久歯の歯芽が成長するにつれて,乳歯の歯根が溶解,消失して,脱落する。永久歯との交代は,萌出したときの順序で6~11歳の間に起る。小児は口腔の清掃や自浄作用が十分でないうえに,糖分,しかも粘着性の高いものを頻繁に摂取する傾向があるので,乳歯は永久歯に比べて虫歯になりやすい。乳歯のエナメル質は薄く,歯髄腔は広いので,虫歯は急速に歯髄炎に進展しやすい。さらに根尖周囲に炎症が広がると,永久歯歯芽に影響が及び,永久歯の形態,色などに異常が起る。乳歯の脱落が早過ぎると,両隣の乳歯が傾いたり,寄ってくるため,間隙が狭くなり,後続永久歯の萌出すべき余地が不足する。そのため,歯並びが悪く,不正咬合を招く結果になる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にゅう‐し【乳歯】
哺乳類でふつう1回換歯するうちの、最初の歯。人間では生後6か月ごろから生えはじめ、10歳前後に永久歯と抜け替わる。ふつう、20本。脱落歯

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

乳歯
 乳児期後半から3歳頃までに生える20本の歯.6歳頃永久歯に生え変わる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にゅうし【乳歯 deciduous teeth】
ヒトを含め多くの哺乳類にみられるように一生のうち歯が2回はえるのを二生歯性といい,最初にはえる歯を乳歯という。乳歯は母乳で育つ時期にはえることから,その名が付けられた。ヒトでは生後6ヵ月ごろ最初の歯がはえる。この歯は,やがてその代生歯と交代するので,脱落歯とも呼ばれる。ヒトの乳歯の歯式は,i2/2c1/1m2/2=20あるいはで表される。これは片側の上下顎に切歯(i)が各2本,犬歯(c)が各1本,臼歯(m)が各2本あり,合計で20本からなることを示している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にゅうし【乳歯】
哺乳類で最初に生える一そろいの歯。ヒトでは生後六か月頃から生え始め、二、三歳で完成、上下合計二〇本ある。六歳頃から徐々に永久歯と交代する。脱落歯。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

乳歯
にゅうし
ヒトでは、2回歯が発生する。初めに生えるものを乳歯といい、脱落歯ともよばれる。乳歯は上下顎(がく)に10歯ずつ、合計20歯あり、上下顎とも、前から乳中切歯、乳側切歯、乳犬歯、第一乳臼歯(にゅうきゅうし)、第二乳臼歯の順に配列している。乳歯は生後6~8か月ごろより生え始めて、2年ないし3年で生えそろうが、その萌出(ほうしゅつ)の順に6~12歳の間に相次いで抜け落ち、後継永久歯と交換する。乳歯の萌出順序および時期はかなり個体差があるが、一般的には、乳中切歯8~10か月、乳側切歯11~13か月、第一乳臼歯16~17か月、乳犬歯16~18か月、第二乳臼歯25~27か月であり、乳犬歯を除き、前方の歯から後方の歯へと順次萌出する。また、同名歯間では下顎歯が上顎歯に先行する。乳歯には次のような共通する特徴がある。
(1)乳歯は、原則的にはそれぞれの後継永久歯とよく似ているが、大きさは小さく、原始的な形態を備えている。
(2)年齢に伴う歯根の吸収によって乳歯は脱落する。これは乳歯と永久歯の交換のためであると同時に、個体の成長(とくにあごの大きさや歯の機能の成長)とともに、より大きく、より強靭(きょうじん)な歯を備える必要に迫られるためと思われる。歯の交換は、まず生後約6年で乳歯列後方に第一大臼歯が萌出し、このあと、前のほうの乳歯から次々と交換していく。
(3)乳歯は、う蝕(しょく)(むし歯)にかかりやすく、その進行も速い。小児は口腔(こうくう)清掃や自浄作用が十分に行えないうえ、糖質の食品を好み、しかも粘着性の高いものを頻繁に摂取する傾向がある。さらに、乳歯は、永久歯に比べて無機質の結晶が小さく、化学薬剤に反応しやすい、有機質の含有量が多く、耐酸性が劣るなどの歯質であるため、う蝕にかかりやすいわけである。
(4)乳歯では、う蝕の進行による痛みは比較的少なく、気づかないうちに歯髄(しずい)全体、または根尖(こんせん)周囲組織にまで炎症が広がってしまう。
 乳歯は、永久歯萌出までの間は、そしゃく器官として小児の発育のために重要な役割をもっている。したがって、このそしゃく機能が障害されると、顎顔面の発育に悪影響を及ぼすこととなる。また、乳歯は永久歯の正しい萌出のための前駆的な存在としてたいせつである。乳歯のう蝕や早期喪失は、永久歯の萌出位置の異常を招き、歯列不正の基となる。さらには、乳歯のう蝕に継発する根尖病巣が、永久歯の形成障害をきたすこともある。このほか、乳歯は発音の構成や精神発達のうえにも大きな役割を果たしている。[矢正之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にゅう‐し【乳歯】
〘名〙 哺乳類ではふつうその一生に一度歯がぬけかわるが、その、はじめにはえる歯。ヒトでは出生後、六~八か月頃からはえ始め、三歳頃にははえそろう。総数二〇本。大臼歯はない。六歳頃から換歯が起こり、そのあとに永久歯がはえてくる。脱落歯。〔医語類聚(1872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乳歯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

乳歯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.