Rakuten infoseek

辞書

【みだれ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


みだれ
日本音楽の曲名,能の囃子と箏曲とが有名。 (1) 能では『猩々 (しょうじょう) 』と『鷺 (さぎ) 』の舞の部分を「乱」という。『猩々』は本来「中の舞」であるが,特殊な演出を行う場合に「乱」の囃子を用い,能としての全体の曲名を『猩々乱』あるいは『乱』という。舞は特殊な形の連続であって,流儀差が著しく,それぞれいくつもの演出があり,2人または数人の舞もある。また囃子は,笛,大小鼓,太鼓で奏するが,舞同様に流儀,演出によってさまざまなやり方がある。『鷺』の舞は常に「乱」であるが『猩々』とは曲も型も異なり,装束も『猩々』が赤を基調とするのと対照的に白で統一され,舞のなかに羽ばたきを表わす型など特殊な技巧がある。 (2) 箏曲では,「乱輪舌」と書いて「みだれりんぜつ」ともいうが,単に「みだれ」ともいう。器楽曲である段物の一つであるが,例外的に各段の拍数も一定しておらず,またその段分けも流派によって異なる。『糸竹初心集』収載の「りんぜつ」が原曲に近いものとして考えられるが,これを発展させたものが,筑紫箏にも数種伝承され,八橋検校以降の箏曲では異なる展開を示して複雑化したものが伝承されている。現行のものの作曲者は一応八橋検校とされるが,倉橋検校とする異説もある。現在の生田流,山田流の両方で演奏される。替手は,京都で八重崎検校 (山口巌の補作もある) 作曲の平調子のものが行われ,これを「京乱」といい,江戸の生田流の野田検校の作曲した本雲井調子のものは「雲井乱」といい,山田流でも行われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

らん【乱】
秩序がみだれること。
「酒宴の興も過ぎて、既に―に入って居る」〈木下尚江良人の自白
戦争や騒動が起こり世の中の安寧が失われること。「応仁の
[補説]作品名別項。→

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らん【乱〔亂〕】[漢字項目]
[音]ラン(呉)(漢) ロン(唐) [訓]みだれる みだす
学習漢字]6年
物事がもつれて秩序がなくなる。みだれる。みだす。「乱雲乱雑乱心乱戦乱闘乱暴乱脈淫乱(いんらん)壊乱攪乱(かくらん・こうらん)狂乱混乱錯乱散乱酒乱紊乱(びんらん・ぶんらん)紛乱繚乱(りょうらん)惑乱
国がみだれること。戦争。「禍乱戦乱争乱騒乱治乱動乱内乱反乱兵乱
(「」と通用)一定の枠を外れたさま。みだりに。「乱獲乱造乱伐乱発乱費乱用乱立
(「」の代用字)ただれる。くずれる。「腐乱
[名のり]おさむ
[難読]胡乱(うろん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろん【乱】[漢字項目]
らん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らん【乱】[作品名]
黒沢明監督・脚本による映画の題名。日仏合作。日本では昭和60年(1985)に公開。シェークスピアの戯曲「リア王」をモチーフに、架空の戦国武将がたどる悲劇的な運命を描く。全米映画批評家協会最優秀作品賞、英国アカデミー賞外国語映画賞、第40回毎日映画コンクール日本映画大賞受賞。黒沢による最後の時代劇作品。
海老沢泰久の小説。昭和49年(1974)、第2回小説新潮新人賞を受賞した、著者の処女作

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

1985年公開の日仏合作映画。英題《Ran》。監督・脚本:黒澤明、脚本:小国英雄ほか。出演:仲代達矢、寺尾聰、根津甚八、隆大介、植木等、井川比佐志ほか。シェークスピアの悲劇『リア王』をモチーフとする時代劇。英国アカデミー賞外国語映画賞受賞。第28回ブルーリボン賞作品賞受賞。第40回毎日映画コンクール日本映画大賞、監督賞、男優助演賞(井川比佐志)受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乱(らん)
日本のポピュラー音楽。歌と作詞作曲は日本のバンド、LUNA SEA。2013年発売。テレビ朝日系で放送のドラマ「都市伝説の女 Part2」のオープニングテーマ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みだれ【乱】
箏曲・地歌の曲名。《みだれりんぜつ(乱輪舌)》《十段のしらべ》《十二段すががき》などともいう。《糸竹初心集》《糸竹大全》などに収載される《りんぜつ》を原曲として,10段ないし12段構成の陰音階(平調子・本調子)の器楽曲に発展させたもので,箏曲としては八橋検校の作曲と伝えられるが異説もある。段構造の切れ目は一定せず,流派による異同が多い。段物ないし調べ物の曲としては例外的な曲となっている。筑紫箏では,《糸竹大全》当時の3段構成のものに類する陽音階のものが《りんぜつ(倫説)》として伝承されており,また,沖縄にも1段構成の陽音階のものが《滝落菅搔》として流伝している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

らん【乱】
戦争などによって世の中の乱れること。みだれ。 「治にいて-を忘れず」 「応仁の-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みだ・く【乱】
〘他カ四〙 乱す。散らす。ばらばらにする。
※虎明本狂言・武悪(室町末‐近世初)「ぶあくは、かみをみだきかたをぬぎ、つえをつきして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みだ・ける【乱】
〘自カ下一〙 ばらばらになる。乱れる。
浮世草子好色万金丹(1694)五「結ひ髪はみだけ次第よ」
[補注]「乱れる」と同じではあるが、特に、具体的な物がばらばらになることをいう。「乱け糸」「乱け小判」「乱け銭(ぜに)」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みだ・ゆ【乱】
〘自ヤ下二〙 「みだる(乱)」に当たる上代東国方言。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みだら・す【乱】
〘他サ五(四)〙 =みだす(乱)
バレト写本(1591)「トクシンヲ midaraxite(ミダラシテ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らん【乱】
〘名〙
① みだれること。弁別のなくなること。秩序を失うこと。また、その行為。
※俳諧・五七記(1760)芭蕉翁行脚掟「好んで酒を飲べからず。〈略〉乱に及ばずの節」 〔論語‐郷党〕
世の中の安寧が失われること。社会の平和がそこなわれること。騒動。騒乱。動乱。戦争。戦乱。
※百座法談(1110)三月二七日「をもひがけぬ国のらむいできたりしに、まどはしてそのゆきがたをしらず」 〔易経‐繋辞下〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らんがし・い【乱】
〘形口〙 やかましい。騒がしい。
雑俳柳多留‐七(1772)「ごふく屋はのぞいて見てもらんがしい」
らんがし‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わら・く【乱】
〘自カ下二〙 動詞「わわく」の誤写された形か。→わわく

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

乱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.