Rakuten infoseek

辞書

乱視【らんし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

乱視
らんし
astigmatism
屈折異常の一つ。眼の中に入るいかなる光線も1点に結像しないために,外界の物体を明することができない。眼が疲れやすく,頭が痛くなったりする。角膜湾曲のゆがみによるものが多く,水晶体球面のゆがみによるものなどもある。正乱視不正乱視とがあるが,普通,乱視といえば正乱視をさす。正乱視は先天性のものが多く,遺伝することがある。通常,円柱レンズによって視力を補正できる。不正乱視は,角膜の病気のあとなどで,その表面に凹凸や混濁ができて起るもので,コンタクトレンズで矯正される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

らん‐し【乱視】
目の角膜水晶体などが球面となっていないため、光線が網膜上の一点に集まって像を結ぶことのできない状態。また、その目。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レーシック関連用語集

乱視
均一なはずの線がムラに見えたり、一つのものが二重に見えたり、極端に眼が疲れやすい、などの症状です。水晶体が原因の場合もありますが、多くは角 膜表面のカーブが均一でないことが原因です。年齢が若く軽度の乱視の場合には、自覚症状がほとんどありませんが、年齢が進むにつれて症状が現れてくること もあります。視力障害(遠くも、近くも見えにくくなる)、単眼複視(片眼で見ても、二重に見えることがある)、眼精疲労(調節の努力のために眼が疲れるほ か、夜間に見えにくくなる、電光掲示板の文字がにじんで見える)などの症状パターンがあります。角膜が原因の場合、ウェーブフロントレーシックで治療でき ることがあります。

出典:レーシックNET
copyright(C) レーシック・NET All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館

らんし【乱視 Astigmatism】
[どんな異常か]
 ふつうに見ているとき(無調節状態)に、遠いところから目に入ってきた光がどこにも像を結ばない屈折異常で、正乱視と不正乱視があります。
[症状]
 年齢が若く、軽度の場合には自覚症状はありませんが、乱視の度が強い場合や、軽度でも年を重ねると、遠くも近くも見にくいという視力障害がおこります。また、片方の目で見ても1つのものが2つに見える単眼複視(たんがんふくし)や、眼精疲労(がんせいひろう)がおこります。
[治療]
 治療法は正乱視と不正乱視とでその内容が異なります。
●正乱視の場合
 角膜(かくまく)(黒目(くろめ))のカーブの度合いが、方向によってちがうためにおこります。円柱レンズを入れて矯正(きょうせい)します。
●不正乱視の場合
 目の炎症やけがなどで、角膜の表面がでこぼこになったためにおこります。角膜が透明ならハードコンタクトレンズで矯正します。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版

らんし【乱視】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

らんし【乱視】
眼球の角膜、ときに水晶体が歪んだ状態にあるため、入射する光線が網膜上の一点に集まらない状態。また、その目。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

乱視
らんし
一般に角膜の表面、ときに水晶体の表面が球面になっていないため、あるいは角膜と水晶体の中心がずれているために、外界の一点から出る光線が網膜上に一点として結像しない状態をいう。だれでも多少の乱視はあるが、それが目の調節力の範囲を超える場合は、眼精疲労の原因となったり、小児では視力発達が阻害されて弱視となる場合もある。
 乱視には正乱視と不正乱視がある。乱視を矯正するには、角膜が上下または左右、あるいは斜めから圧迫されたような形の乱視(正乱視)の場合は、円柱レンズというレンズを用い、角膜表面の凹凸不整のための乱視(不正乱視)や強度の正乱視の場合は、ハードコンタクトレンズによる矯正のほうがよい視力が得られる。これは、涙がコンタクトレンズと角膜表面の間を埋めて角膜表面の屈折力を減少させるからである。円柱レンズというのは、ある面では凹レンズあるいは凸レンズのような屈折力をもち、それと直角な面では屈折力をもたないようなレンズで、円柱レンズを加えたほうがよいかどうかは、乱視の程度や年齢によっても異なる。なお、円柱レンズを入れると、像が多少ゆがんで見える感じがあり、よく見えるが、つらくてかけていられないという場合もある。若い人ほど順応性は高いが、中年以降になって初めて円柱レンズの入った眼鏡をかける場合、慣れるのに時間がかかることがある。ソフトコンタクトレンズは、ハードコンタクトレンズより乱視の矯正力は一般に弱いが、これは、角膜の変形に伴ってレンズが形を変えてしまうためである。強度の乱視による弱視では、とくにそれが一眼だけの場合、気づかずに成長期を過ぎて手遅れになることがあり、早期に屈折検査を受け、眼鏡により矯正する必要がある。[中島 章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乱視」の用語解説はコトバンクが提供しています。

乱視の関連情報

他サービスで検索

「乱視」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.