Rakuten infoseek

辞書

九条頼嗣【くじょうよりつぐ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

九条頼嗣
くじょうよりつぐ
[生]延応1(1239).11.21. 鎌倉
[没]康元1(1256).9.25. 京都
鎌倉幕府5代将軍 (在職 1244~52) 。頼経の子。母は藤原親能の娘。宝治合戦のあと,建長3 (51) 年に起った僧了行らの幕府転覆の陰謀事件に前将軍九条頼経がからんでいるという理由で,北条氏九条家と絶縁し,皇族将軍を実現しようとして頼嗣を解任し,京都に送還した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くじょう‐よりつぐ〔クデウ‐〕【九条頼嗣】
[1239~1256]鎌倉幕府第5代将軍。在職、1244~1252。第2代摂家将軍。頼経の長男。父隠退のあと、執権北条経時に擁立されて将軍となったが、職を廃されたのち不遇のうちに没した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

九条頼嗣 くじょう-よりつぐ
1239-1256 鎌倉幕府5代将軍。在職1244-52。
延応元年11月21日生まれ。九条頼経(よりつね)の子。寛元2年6歳で父の跡をつぎ将軍となる。建長3年僧了行(りょうぎょう)の幕府への謀反(むほん)事件に父頼経の関与がうたがわれ,翌年将軍職をうばわれた。建長8年9月25日京都で不遇のうちに死去。18歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

くじょうよりつぐ【九条頼嗣】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

九条頼嗣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

九条頼嗣の関連情報

関連キーワード

延応伊王野城モンフォールイルカの追い込み漁天下りのあっせん一遍今物語Edward the Confessor延応宜秋門院

他サービスで検索

「九条頼嗣」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.