Rakuten infoseek

辞書

九品【くほん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

九品
くほん
仏教用語。9種の等級の意味。仏教で用い,上中下のそれぞれをさらに上中下に分けて9種類としたもの。すなわち,上上,上中,上下,中上,中中,中下,下上,下中,下下の9種類である。この分類法で特に有名なものは,浄土教にいう九品往生 (『観無量寿経』に説かれる) があるが,阿弥陀仏極楽浄土に往生する者の行為や性質によって,浄土で受ける果報も9種に分けられるとする説で,その9種の違いにより,阿弥陀仏の姿,往生する者を浄土に運ぶ蓮台などに9種の差異があるという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

く‐ほん【九品】
仏語。
㋐浄土教で、極楽往生の際の九つの階位。上中下の三品(さんぼん)を、さらにそれぞれ上中下に分けたもの。上品上生(じょうぼんじょうしょう)・上品中生・上品下生(げしょう)・中品上生・中品中生・中品下生・下品(げぼん)上生・下品中生・下品下生の九つ。ここのしな。
㋑「九品浄土」「九品往生」「九品蓮台」などの略。
物事について設けた九つの等級。
「公任卿、和歌の―をえらび給ひしにも」〈戴恩記

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ここの‐しな【九品】
《「九品(くほん)」を訓読みにした語》「くほん(九品)」に同じ。
「―の上に昇り給ひぬる嬉しさも覚えず」〈浜松・四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

くほん【九品】
〘仏〙
浄土へ往生する者が、生前の性質やおこないによって受ける九つの段階。上品じようぼん・中品ちゆうぼん・下品げぼんの三品をさらに上中下で三分し上上品(上品上生)から下下品(下品下生)にいたる九つに分ける。三三之品。ここのしな。
九種に分けた等級。上中下の三種を、それぞれさらに上中下に分けたもの。ここのしな。 「和歌-」
「九品浄土」「九品蓮台れんだい」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ここのしな【九品】
〔「九品くほん」の訓読み〕
九品くほん」に同じ。 「さてこそ-の上にも、さはりなく生まれ給はめ/源氏 夕顔

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

九品
くほん
仏教用語。極楽浄土(ごくらくじょうど)に生まれるのに、この世で生活した仕方によって9種類の生まれ方があることをいう。『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』に説かれ、非の打ちどころがない善人は臨終のとき、仏が迎えにきて即座に極楽に往生(おうじょう)できるのを上品上生(じょうぼんじょうしょう)という。以下、上品中(ちゅう)生、上品下(げ)生、中品上生、中品中生、中品下生、下品上生、下品中生と続き、最後の下品下生は、極悪非道の行為を繰り返した者が、臨終のとき、念仏を唱えたことによって往生できることをいう。この思想に従って、阿弥陀仏(あみだぶつ)にも九つの印相(いんぞう)(手に結ぶ印の形)があるという考えが一般化し、鎌倉中期以降、とくに九品の阿弥陀仏の造像が行われた。また、仏が迎えにくるとき、それに座る蓮台(れんだい)も違うと考え、九品の蓮台があるとさえいうようになった。[石上善應]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

く‐ほん【九品】
〘名〙 (「くぼん」とも) 仏語。
① 九種に分けた等級で、上中下の三を、さらに上中下に三分したもの。煩悩の九品、大衣である僧伽梨の九品などと用いる。
※和歌九品(1009頃か)「和歌九品」 〔薩婆多毘尼毘婆沙‐一〕
② 極楽往生する者の、能力や性質の差によって受ける九つの階位。これを九品往生といい、上品上生(じょうぼんじょうしょう)から下品下生(げぼんげしょう)までの九つ。三輩(さんぱい)
※往生要集(984‐985)大文四「九品生人、皆発菩提心」 〔観無量寿経〕
※源氏(1001‐14頃)若菜上「はるかに西のかた十万億の国へだてたる九品のうへののぞみうたがひなくなり侍りぬれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ここの‐しな【九品】
〘名〙 (「九品(くほん)」の訓読み)
① 上・中・下の三段階のそれぞれをさらに上・中・下の三つに分けたもの。九つの品数。
② 極楽浄土に生まれる人を、その資質の上から上品(じょうぼん)上生から下品(げぼん)下生までの九階級に分けたもの。また、それらの人の生まれ方やその生まれた極楽の差。ここのつのしな。→くほん
※源氏(1001‐14頃)夕顔「さてこそここのしなのかみにもさはりなくむまれ給はめ」
③ ②の意を用いて和歌の優劣を九つに分けたもの。藤原公任が「私記九品」において行なった。
※後拾遺(1086)序「大納言公任卿〈略〉ここのしなのやまとうたをえらびて、人にさとし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九品」の用語解説はコトバンクが提供しています。

九品の関連情報

他サービスで検索

「九品」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.