Rakuten infoseek

辞書

九十九里県立自然公園【くじゅうくりけんりつしぜんこうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

九十九里県立自然公園
くじゅうくりけんりつしぜんこうえん
千葉県東部,九十九里浜を中心に内陸の下総台地の景勝地を含む自然公園。面積 32.53km2。 1935年指定。 66年区域拡張。海水浴場が連続するが,古い砂丘列間の湿地には食虫植物群落がみられ,天然記念物に指定されている。付近に僧行基の開いたといわれる波切不動,歌人伊藤左千夫生家がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九十九里県立自然公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

九十九里県立自然公園の関連情報

他サービスで検索

「九十九里県立自然公園」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.